お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

融資

失業中でも借りられる融資制度

投稿日:

あなたが失業中ならば、社会福祉協議会が窓口となっている「離職者支援資金」から、毎月最大20万円(単身世帯は10万)のお金を最長1年間にわたり借り出すことができます。

あなたが失業中で必要な書類さえ揃えることができれば、金融信用データとは関係なく100%融資を受けることができる制度なので、ブラックリストに載ってしまっていても大丈夫。

公的な融資制度だから、金利も3%と非常に安く、返済開始も貸付期間が終わってから6ヶ月後からでOK。

失業してお金に困ったら、民間の融資はさておいて「離職者支援資金」の制度を申し込みましょう。

■支給対象

次の用件のすべてに該当する人が対象となります。

  1. 生計を維持するために中心となって働いてきた人(生計中心者)の失業によって、生計の維持が困難になった世帯であること。失業前に、生計中心者が家計を支えていたという実績が必要です。また、多額の預貯金を持っていないことなども要件となります。
  2. 生計中心者が就労することが可能で、求職活動を行っていること。健康な状態で、新しい仕事に就くために努力をしていることなどです。
  3. 生計中心者が就労することにより、世帯の今後の見通しが明らかなこと。生計中心者が就労してもその人の収入では生計が維持できない場合や、あまりにも多額の負債を抱えている場合には対象となりません。
  4. 生計中心者が離職した日から2年(新たな職に就くために必要な知識・技能を習得している場合は3年)を超えていないこと。
  5. 生計中心者が雇用保険の一般求職者給付を受給していないこと。もとから失業給付の受給資格がない場合や、受給期間が終わってしまった場合などです。雇用保険の失業給付を受給している間は制度を利用することはできません。

■貸付条件

・貸付限度額  月額20万円(単身者の場合は10万円)

・貸付期間   申込書の受理日から12カ月以内

・貸付の利率  年3%

・貸付金の償還 貸付期間終了後6カ月間無利子で据え置き。据置期間終了後7年以内に償還

・連帯保証人  原則として1名

■必要書類

・窓口でもらう書類/申込書、同意書(生活保護受給や他の貸付延滞調査などの調査についての同意書)

・添付書類/世帯の状況が明らかになる書類 → 住民票など

失業前に収入があったことを証明する書類 → 住民税課税証明書、源泉徴収票、所得税の確定申告書など

失業した時期が明らかになる書類 → 離職票、雇用保険受給者資格証、個人事業の廃止届など

現在の求職状況が明らかになる書類 → 求職受付票など

雇用保険受給資格者証(雇用保険を受給していた人)

その他の条件

借受けが決定したあとは、毎月10日までに、各都道府県の社会福祉協議会または下記申し込み窓口宛に「就業状況報告書」を提出すること。この報告書が提出されないときは、貸付が停止されることがあります。

■手続き窓口 住んでいる地域の各市区町村社会福祉協議会

-融資
-, ,

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.