お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

弁護士

債務整理を弁護士に依頼する際の注意点

投稿日:

残念ながら、弁護士であれば誰でも大丈夫というわけでありません。

とくに問題なのが、非弁提携弁護士(提携弁護士)といわれている弁護士です。

このような弁護士は、整理屋グループと組んでいることが多く、整理屋グループが弁護士事務所を借り、事務員も整理屋グループの仲間である場合もあれば、一 応、弁護士として独立して事務所を構えているが、整理屋グループから多重債務者を大量に紹介され、事件処理する弁護士もいます。

そして、このような提携弁護士の問題は、何よりも弁護士費用が極めて高く、弁護士会法律相談センターの標準弁護士費用の数倍の費用を請求されることもしばしばあります。

また、それ以上に問題なのは、提携弁護士は事件処理をきちんとしていないことが多く、依頼者が心配になって問い合わせても、事務員が対応するばかりで、弁護士からきちんとした回答を得られないことが多々あるということです。

弁護士が提携弁護士になるきっかけはさまざまですが、懲戒処分を受けて仕事に困った弁護士に対して整理屋が仕事の話を持ちかけたり、すでにいる提携弁護士 が他の弁護士を紹介したり、あるいは、直接「多重債務を処理する弁護士募集」というダイレクトメールを弁護士事務所に送りつけてリクルートしているようで す。

このような弁護士に債務整理を依頼するのは、絶対避けるべきですので、少しでも弁護士に不安を感じたら、弁護士会主催の法律相談してみるとよいでしょう。

-弁護士
-, , ,

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.