クイック現金サービスの口コミ:申し込み手続き

申込み前の確認でクイック現金サービスが安全な業者であることが判ったので、実際に現金化を申し込んでみましょう。

クイック現金サービスのサイトにアクセスして申し込み手続きを見てみると、初回の申し込みは振込先口座の聞き間違いなどを避けるために申し込みフォームからの申し込みに限られるようですが、2回目からは電話や入力項目が少ないフォームから申し込めるようです。

今回は初回の申し込みなので、クイック現金サービスの「はじめてのお申し込み」の申し込みフォームからの申し込みになります。

クイック現金サービスの申し込みフォームで入力する項目は、住所・氏名・連絡先電話番号・メールアドレス・利用額、そしてクレジットカードのショッピング枠を現金化して得たお金を振り込んでもらう振込先銀行口座。

他社の申し込みフォームよりも入力項目が少ない点は好感が持てます。

申し込みフォームの必要事項をさくっと入力してデーターを送信し、自動返信されてくる申し込み内容確認メールで申し込んだ内容に誤りがないかチェックしながら、クイック現金サービスからの電話を待つこと約8分。

申し込みフォームで連絡先電話番号として指定した携帯電話に、クイック現金サービスのフリーダイヤルから電話がかかってきました。

電話に出てみると、電話の相手は20代後半くらいの落ち着いた女性の声。

自分が受け取る金額がホームページに記載されている還元率+キャンペーン間違いがないことや、今後の手続きに関する説明を一通り聞いて、特に怪しい雰囲気もなかったのでそのまま手続きを進めることにして、カード決済の手続きに必要な書類を提出することにしました。

現金化業者選びは、ココに気をつけて

    申し込み後の電話で、現金が業者が次のような対応をとった場合は、様々な手数料をむしり取る悪質現金化業者の可能性が高いので注意してください。

  • 利用者の口座に振り込まれる金額を最初の説明で提示しない。
  • この手の業者は、ホームページ上で高い還元率を提示しておきながら、クレジットカード決済を終えた途端に、カード決済手数料、消費税、商品送料、送金手数料等の諸手数料に加えて、システム利用料、ホームページ利用料など意味不明な手数料まで上乗せして、合計30%近い手数料を請求してくる事があります。この場合、ホームページで90%還元と書かれていても、手数料を差し引かれて結局は、カード決済金額の60%しかお金が返ってこない、ということになるので注意してください。

  • 利用者の住所・職種・カードの種類で還元率が変わる
  • カードの種類によってカード決済会社に対する預託金の有無や預託金のパーセンテージが違うので、カードの違いで還元率が多少変わることは考えられますが、住所や職種でカード決済会社の決済手数料が変わってくることはありません。このような現金が業者は住所や職種によって利用者の与信状況が変わるので還元率が違ってくると説明してくるかもしれませんが、根拠のない理由で利用者に対して支払うお金を減らし、自分たちの利益を少しでも増やそうとしているだけです。結局、ホームページに記載されている金額を受け取ることが出来ずに利用者が損を被るだけですので、電話による説明を受けている中で還元率が変わってきた場合は注意してください。

  • 現金化業者から届いた商品の返送・転送を求める
  • 現金化業者から発送された商品を現金化業者も要注意です。現金化業者から送られてくる荷物の中には、現金化業者の都合で一方的に契約を解除できる(利用者に振り込まれたお金の返金を要求できる)事が記載された契約書が同梱されていることがあり、知らずにこれを返送すると利用者と現金化業者の間で、この契約が交わされたことになってしまいます。

  • 電話をかけてきた相手の声があきらかにチンピラ
  • このような場合、街金・闇金ながれの現金化業者の可能性が高く、一度手続きを始めると後戻りできなくなります。途中で騙されていることに気付いてキャンセルを申し出ると大きな声で脅されたあげく、高額のキャンセル手数料を請求されることになるので、電話をかけてきた相手の声を聞いて少しでも不安を感じたら深入りすることなく電話を切り、以後その番号の着信を拒否た方が良いでしょう。

>>> 現金化体験談:本人確認

クイック現金サービスの口コミ:申込み前の事前確認

おかね119のクレジットカード現金化業者安心度ランキングで評価Aに「クイック現金サービス」という現金化業者がランクインしています。

でも、「おかね119でA評価を受けているからと言って本当に安全なの?」多くの方がそう思っていることと思います。

そこで、その安全性を確認するために他のサイトでも評判の良い「クイック現金サービス」でクレジットカードのショッピング枠を現金化してみました。

まず、他サイトでも評判が良いとは言え、その評判がサクラで実は悪質な業者だったら目も当てられないので、いきなり申し込まずセオリー通りに問合せから入っていきます。

問合せでは、「希望する金額を手に入れるには、いったい幾らのカード決済をしなければならないか」「いつ振り込みされるか」を確認。

これくらいの確認なら電話で手っ取り早く済ませたいところですが、相手が悪質業者だった場合は、猛烈な電話営業のラッシュを受けて、なし崩し的にカード決済まで誘導され、挙げ句の果てにホームページに書かれている還元率以外の様々な手数料を差し引かることになりかねないので、初めて利用する現金化業者に対する問い合わせは、メールで問い合わせることをお勧めします。

ということで、クイック現金サービスにメールで問い合わせてみたところ、次のような回答を得ることが出来ました。

おかね119からクイック現金サービスへの問い合わせ

    はじめまして。

    今日中にお金が必要で、カード現金化の利用を検討しています。

    宮城県からの利用で、今日中に手元に20万円が必要な時のカード決済額は幾らになるのか教えてください。

    よろしくお願いします。

クイック現金サービスからおかね119への回答

    ●●さま

    お問い合わせありがとうございます。

    本日中のご入金をご希望とのこと、確かに承りました。

    今からお申し込み頂ければ、本日中にご指定口座で現金をお受け取りいただけますのでご安心ください。

    また、お手元に200,000円ご必要とのことですが、当社の決済システムの仕様によりどうしても決済金額に端数がついてしまうため、下記のいずれかの金額でお申し込み頂く形となります。

    [お申込] 249,800円→ [お受取] 199,840円
    [お申込] 259,800円→ [お受取] 207,840円

    ※消費税・決済手数料・振込手数料・商品送料等の諸手数料はすべて弊社が負担いたします。お客様の口座には、上記のお受け取り額を全てお振り込みいたしますのでご安心ください。

    なお、現在新規ユーザー様向けのキャンペーンを行っておりますので、上記の振込額に1%上乗せしてお振り込みいたしております。

    このキャンペーンをご利用頂いた場合のお受け取り額は次のようになります。

    [お申込] 249,800円 → [お受取] 202,338円(2,498円増額↑)
    [お申込] 259,800円 → [お受取] 210,438円(2,598円増額↑)

    とってもお得なキャンペーンとなっておりますので、是非この機会にクイック現金サービスをご利用ください。

    ご検討のほど、よろしくお願い致します。

    クイック現金サービス

ラッキーなことに、新規利用者向けのキャンペーンをやっていたため、通常のキャッシュバックに2%上乗せして現金を振り込んでもらえ、今日の振込にも対応してくれるとのこと。

それに、他社では後付けで差し引かれる様々な手数料もクイック現金サービスでは業者側が全て負担し、利用者はホームページに記載されている金額通り受け取れるとのことです。

これらの確認を取り、クイック現金サービスが安心して利用できる現金化業者であると言うことが良くわかったので、実際に申し込んでみることにしましょう。

現金化業者選びは、ココに気をつけて

  • 利用したことがない現金化業者にいきなり電話を掛けるのは危険!
  • 知らない現金化業者にいきなり電話で問い合わせると、電話営業のプロに丸め込まれて悪い条件での利用を余儀なくさます。現金化業者へのファーストコンタクトは、Eメールで接触した方が無難です。

  • 電話でなければ回答できないという業者も怪しい!
  • Eメールで問い合わせても「電話で無ければ答えられない」と返事を返してくる現金化業者は、電話営業で丸め込む、あるいは問い合わせの電話の中でカード情報/個人情報を聞き出して申し込みせざるを得ない状況に誘導する業者と考えられます。この手の業者はホームページに記載されている還元率通りの金額を振り込んでこない場合が多いので注意してください。

  • メールでの問合せに対応しない業者は論外
  • Eメールで問い合わせても回答してこない業者は既に論外です。サービスの内容がよほど酷くて回答できないのか、利用者から電話を掛けさせて猛烈なラッシュで成約に落とし込むタイプの業者と考えられます。このような業者に関わるとろくな事はありませんので、現金化業者選びのリストから外しましょう。

  • 手数料の負担を明らかにしない業者も危ない!
  • 悪質な現金化業者は、ホームページに記載されていいキャッシュバック金額から、クレジットカード決済手数料/消費税/振込手数料/商品送料等の手数料を差し引かれます。さらに悪質な業者なると、ホームページ使用料、システム利用料等と訳のわからない手数料まで差し引かれ、運が悪いと実際のキャッシュバック還元率は50%台になってしまう事まであります。どんな手数料が発生するのか、その手数料は誰が負担するのかをよく確認しましょう。

>>> 現金化体験談:申込み

プロミスの子会社「エージーカード」が特別精算を申請

福岡市博多区に拠点を置くクレジットカード会社の「エージーカード」が、8月31日付で東京地方裁判所へ特別清算開始の申し立てを行いました。

エージーカードは、1987年にクレジットカード事業を目的として設立され、百貨店「岩田屋」の関連企業としてクレジットカード会員数を伸ばしていましたが、その後は信販会社の「三洋信販」に吸収され、さらに「三洋信販」吸収した「プロミス」の子会社となっていました。

しかし、改正貸金業法の影響を受けて債務超過に陥り業績が悪化したことから、2010年4月には事業分割により主力事業を譲渡していました。

また、親会社「プロミス」が立てた消費者金融サービスへ回帰する方針に基づいたグループ再編により、7月15日付で「エージーカード」を解散・清算する意向が示されていました。

2011年3月期末時点で「エージーカード」が抱える負債総額は52億5800万円。

プロミスによると貸付債権52億5000万円について取立不能のおそれが生じているものの、この債権については引き当て金を計上してあるため、親会社側の業績予想に与える影響は少ないようです。

プロミス:株式会社エージーカードに対する債権の取立不能のおそれに関するお知らせ