お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

お金の基礎知識

返済について

投稿日:

shakin_nayami_20150402

カードローンやキャッシングなどで、お金を借り入れすれば、短時間でお金を手にすることができるので非常に助かります。
しかし、借り入れしているばかりではいけません。
借りた分には利子をつけて返済しなくてはならないのです。

返済とは

「お金を借りる」と言う行為には「返済」が常に付き纏います。借り入れしたお金には更に利息が上乗せされるので、元金よりも多い金額を返さなければいけません。
また、借入先金融機関によっては返済方法が決まっているところもあるので、借り入れすることばかりでなく返済することを考えながら金融商品を利用するよう心がけましょう。

約定返済と メリット・デメリット

カードローンやキャッシングの返済パターンは大きく分けて2種類あります。まずはこの約定返済です。
約定返済とは、決められた日に決まった金額を返済することをいいます。
この返済方法の良いところは、金融機関によりますが支払う日にちをこちらで選択することができます。もちろん期日があらかじめ設定されて場合や、金融機関が提示した複数日から選択するというパターンもあります。
それに35日置きに返済、などというケースもありますので、1番都合の良い返済日を自ら設定することができるのです。
利用者の給料日がそれぞれ違うので、なるべく給料が支払われた直後の日程を選択することをお勧めします。
期日を守らず延滞すると、遅延損害金を支払わなければいけません。自ら設定した日程なのに支払いが遅れるという事は利用者の信用にも傷がつくので、十分注意が必要です。

随時返済とは メリット・デメリット

返済のパターン、もう1つは随時返済と言うものです。
随時返済は毎月の決められた返済とは別に任意で金額をどんどん返済することです
随時返済の良いところは、自分の都合に合わせて随時返済を行えることです。ちょっとした臨時収入があればそこから少しずつ返済することも可能。
この返済方法は、非常にお得です。
定約返済とは違い、随時返済の場合は返済した金額が直接元金に充当されます。定約返済の場合は利息を含んだ元金に充当されるので、この差はかなり大きいですよね。
定約返済だけだと元金がなかなか減らない…。
そんな状況下にある方は小額でも随時返済を行い、元金を少しずつでも減らすことが大切です。
しかし1つ注意が必要です。随時返済と締約返済は必ずセットでならなければいけません。
約定返済をしつつ、その合間に随意返済を少しずつ行う、というイメージでしょうか。
頑張って多めに随意返済をしても、その月の約定返済が無しになる訳ではないので気をつけましょう。

きついプランニングを立てない

借入金の返済には、常に計画性が必要です。個人の収入と言うものは、全体数量が決まっているものなので、個人の負担になりすぎる返済方法をお勧めできません。
毎月◯◯万円ずつ返済していこう、と言うように上手にプランニングをしましょう。

シミュレーションをしっかり行う

カードローンやキャッシングを利用してお金を借り入れる際は、必ず返済するシミュレーションを行うことです。
返済のことをイメージしながら借り入れを行うことが大切なのです。
お金を借り入れするときは、とにかく早くお金を手に入れたいという気持ちが先行しますので、ついつい返済することを忘れがちになります。
そういった場合、計画性のない借り入れをしてしまうケースが多々あります。
完済する目安(期間)をしっかりと立てた上で返済を行うことが大切です。
返済方法としては約定返済をメインにして、その合間に随時返済を行い、元金を減らす…と言うやり方が非常にお勧めです。
「お金を返す」という事は「借りる」ことの何倍も大変なこと。
初めて利用する方は、返済の大変さが分からないので、とにかく慎重に最低限の金額を借り入れするよう、心がけましょう。

-お金の基礎知識

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.