支払い遅延でブラックに載ったらクレジットカードを一生持てないのか

クレジットカードの審査とは、簡単に言うと申込者の支払い能力を確かめるということです。

本人の個人信用情報を参照し、借り入れの状態や事故情報などを確認したうえで、申込内容の現在の所得状況から申込者が将来にわたって支払いを遂行できるか判断します。

申し込み情報と個人信用情報をもとに下記の項目の査定を行い、クレジットカード会社毎に定められた基準を満たさなければ、クレジットカードの審査はNGとなります。

1.申込者の年収
2.申込者の属性(職業・職種など)
3.申込者の年齢
4.金融事故歴の有無
5.現在の借り入れ状況

また、申込者と同姓同名でブラックの人が存在し、申込者と別人であると判断しがたい場合も安全策をとってクレジットカードの審査をNGにすることがあります。

信用情報は、一文字違いの名前や、何通りかに読める漢字違いの名前もはじき出し、生年月日や住所、過去の利用状況などで別人か虚偽申告かを判断するので、 上記のように同姓同名でブラックの人のとばっちりを受ける事は原則的にないはずですが、審査の審査の担当者によっては、安全側の選択をとりNGとする場合 があるようです。

なお、定職に就いてきちんとした収入があり、ブラックリストに載せられた覚えがないのに、クレジットカードやローンの審査にことごとく落ちてしまう場合 は、自分の個人信用情報を開示してみましょう。もしかしたら、近くに住む同姓同名者のブラックと混同されているかもしれません。

●家族がブラックでもNG

クレジットカードの審査は、同一生計を営んでいる人も対象となります。

クレジットカードの申込書には基本的に家族の名前を記入する欄はありませんが、住所・電話番号・名字でブラック情報を検索し、家族の金融事故歴を確認します。

つまり、夫がブラックだと妻に事故歴が無くてもクレジットの審査はNG。
(もちろんその逆もあり)

●ブラックでも審査OKの場合(その1)

クレジットカード審査の際、クレジットカード会社は自社所有の情報と個人信用機関の情報を併用しますが、自社情報で事故歴がある場合でも、その事故の内容と他社のクレジットヒストリーが良好なら審査OKになる場合があります。

これは自社所有の情報は、過去の支払い情報が全て記録されており、この情報から意にせず生じた事故なのか、悪質な延滞なの判断がつくから。

自社情報に記録されている事故が悪質なものではなく、他社に対する返済も滞りがなければ、信用枠を与えても大丈夫であろうと判断されるからです。

●ブラックでも審査OKの場合(その2)

自分がブラック、もしくは多重債務に陥っているにもかかわらず、どうしてもクレジットカードが必要な場合は、各クレジットカードのキャンペーン期間中にカード発行を申請しましょう。

クレジットカード会社は、自社のクレジットカードを発行し、そのカードを使ってもらって初めて成り立つ会社です。基本的にはバンバンとカードを発行したいのです。

そこで、新規のクレジットカード会員獲得のためのキャンペーンが年に何度か開催されますが、このキャンペーン期間中は処理件数が多いので個人情報の追跡調査に時間をかけられません。

また、キャンペーン期間中のカード発行枚数の目標値も定められているので、全体に審査が甘くなります。

これはクレジットカードだけではなく、消費者金融に関しても言える事ですので、クレジットカードの発行や新規の借り入れ先を探している人は、是非キャンペーン期間をねらって申し込んでみてください。

借用書は絶対に必要か

契約書のメリットは、契約の内容を明らかにしておくことができること。

借用書がなくても契約は有効であり、返済を求めることは可能です。

その理由は、民法では「お金を返すことを約束して、そのお金を受け取れば金銭消費貸借契約は成立する」としています。

したがって、契約書を作成せず口頭の約束だけでも契約の効力が生じることになります。

特定調停とは

特定調停とは、民事調停の一種であって経済的な破綻するおそれのある人が経済的生活の再生を図るために債務の調整を申し立てるものです。
申し立てる裁判所は簡易裁判所であり、申立て費用は数百円程度です。

特定調停の特徴は、給料の差押え等のが民事執行手続きがされている場合に、申立てにより民事執行手続きの停止を求めることができる点にあります。

しかも、通常の調停では執行の停止には担保が必要ですが、特定調停による執行停止には担保の提供が必ずしも必要ではない定められています。

特定調停は、調停委員が間に入って話し合いによって解決する手続きであり、弁護士に依頼しなくても利用がしやすくなっているので、債務整理を行う場合には検討してもよい手続きでしょう。

ブラックでも融資を受ける裏技

自分はまずブラックだろうけど、どうしても急いでお金を用意しなければならない。

だからといって、「申込書の借入件数や借入金額をちょっと少なめに書いて何とか審査を通そう」と思っても、消費者金融では、申込者の「属性」「他社借入件数」「延 滞履歴」「支払事故履歴」「弁護士介入履歴」「民事再生」「自己破産」「特定調停」「代位弁済」「移管再建」などの個人信用情報を取り寄せて融資の可否を 決定するので、嘘の情報を書いてもすぐにばれてしまいます。

しかし、消費者金融には審査が甘くなる時期があり、個人信用情報のデータで通常はブラックと判断するような人にでも目をつぶって融資することがあります。

これは金融会社の各支店に与えられたノルマの達成が困難な時で、ノルマが達成できず支店長をクビになるよりは「捨てるつもりで貸してやろう」と支店長決裁で融資が実行されるからです。

1年のウチで審査が甘くなる時期は、「正月前」「GW前」「盆休み前」というように営業に影響が出る休み前。

この時期になるとノルマ達成のために必死です ので、多少ブラックであっても融資OKになる可能性が高くなります。

逆に、「正月明け」「GW明け」「盆休み明け」という時期は、黙っていてもお客さんがやってくるので、審査はいつもより厳しくなりますから、こんな時の 融資申し込みは避けておきましょう。

消費者金融の自動契約機で気をつけること

店頭で直接対面しての契約に抵抗がある人に人気がある自動契約機ですが、審査担当者と顔をつきあわせることはありませんが、自動契約機本体や室内に設置さ れた複数カメラを通して「人相」「態度」「表情」「言葉遣い」「服装」「健康状態」をチェックされているのには変わりありません。

審査担当者の顔が写る契約機を用意している会社もありますが、審査担当者の顔が見えないからといって気を緩めすぎることなく審査を受けましょう。

●自動契約機でカードを手にするまでの手順

・自動契約機のボックスに入って着席する。
・自動契約機前面のタッチパネル画面で新規申込みのボタンにタッチ。
・契約の事前同意、個人信用情報機関への照会に関する同意を承諾する。
・本人確認書類を自動契約機のスキャナーにセットして、本人確認書類の画像を送信する。
・審査担当者が本人確認書類を口頭で確認する。
・手元に用意された申込書に必要事項を記入し、申込書の画像をスキャナーで送信する。
・受付センターで、本人確認書類と申込書を照合する。
・「年齢」「職業」「結婚」「住所」「居住年数」「電話番号」などの属性をタッチパネルから入力する。
・属性として入力された情報を元に在籍確認などの審査がスタート
・申込み者の属性を元に与信額が計算される
・与信責任者が申込み者の借入限度額を最終決定する
・自動契約機のモニターに借入限度額が表示される。
・契約意志の最終確認をとる。
・契約を承諾すると契約書の作成がはじまる。
・契約書に署名し、契約書をスキャナーで送信する。
・受付センターが契約書の内容を確認し、契約書の控えを申込み者に発行する。
・カードが発行される。
・自動契約機に隣接するATMでお金を借りることができる。

一般的に、申込みを始めてから30分程度で契約完了しますが、スキャナーに書類をセットするところで書類の裏表を間違えて送信して手間取って時間が長くなることが多いようです。

自動契約機の利用時間に制限があるわけではないので、あせらず気楽に操作しましょう。