学生カードローンで注意すべきデメリット

学生カードローンは、金利とサービス面を考えると学生の方には大変おすすめですが、利用していくには、注意しなくてはならないデメリットがいくつか存在します。
すぐにお金を借りることができる便利なサービスなので、ついつい借りすぎてしまうことも多いですが、ちゃんと返済しなければ大変なことになるのでご注意を。

学生カードローンと通常のキャッシングを比較すると?

学生カードローンと通常のキャッシングを比較してみると、いくつかデメリットが見つかります。
そこで、通常のキャッシングと比較した際の違いについてご紹介いたします。
学生カードローンは返済がゆっくり?

学生というのは仕事につぎ込める時間が少ないので、基本的に社会人と比べて収入も少ないのが一般的です。
そのため、学生をターゲットにした学生ローンでは、毎回の返済額が少なくなっています。
しかし、毎月の返済額が少ないというのは喜ばしいことばかりではありません。
元金をなかなか減らすことが出来ないので、返済が長期化し、トータルで支払う利息も高くなってしまうからです。
そのため、余裕のある時には随時返済をするといった心掛けが重要です。
ネット対応をしていないところが多い!

学生カードローンを専門に取り扱っている業者は、アイフルやアコムなどの超大手消費者金融と比べると、インフラ面で劣っている部分が多いです。
ネット申し込みに24時間対応していなかったり、自社のATMを持っていなかったりします。
そのため、利便性という点では通常のキャッシングと比べると劣るでしょう。
日頃から頻繁に融資を受けたいという方には不便といえます。
限度額が低めに設定される傾向に!

学生カードローンでは100万円以上の限度額を用意しているところが殆どなく、一般的に限度額は50万円程度に抑えられる傾向にあります。
大手の消費者金融では大抵500万円程度が融資限度額になっており、モビットでは最大800万円まで融資を行うことが可能です。
しかし、学生のうちは収入も少ないので、総量規制の関係から限度額はかなり制限されてしまいます。
そのため、学生カードローンの限度額で足りないということは、殆どないでしょう。
学生がお金を借りるということへのデメリット

学生のうちからお金を借りるというのもデメリットはたくさんあります。
返済不可能になり、債務整理に追い込まれると、それから数年間はどんな融資でも審査に通ることは出来なくなってしまうからです
そのため、学生がお金を借りる際はくれぐれも最低限にとどめるのが重要です。
多重債務に陥る危険性が高め!

学生のうちから借金をすると、将来的に多重債務者に陥る可能性が高いといわれています
収入の少ない状態でお金を借りると、ちょっとのアクシデントで返済に困るようになります。
そうすると、他社からお金を借りて、とりあえずの返済に充てるといったことにもつながるのです。
しかし、一度多重債務にはまり込んでしまうと、なかなか抜け出すことは難しいので、学生のうちは複数の業者からお金を借りるのは避けた方が賢明でしょう。
信用情報がブラックリストに登録されるデメリットとは?

返済が不可能になってしまうと、残された道は債務整理しかありません。
債務整理を行うと、信用情報に債務整理の履歴が記録されることになり、いわゆるブラックリストに登録された状態となります。
ブラックリストに登録されると、自動車のローンや、住宅ローンなど、あらゆる融資の審査に通ることが出来なくなります。
一応、債務整理の種類によって登録期間は決まっていますが、最低でも5年程度は融資が受けられなくなるので気をつけなくてはなりません。
キャッシング業者からお金を借りる際には、何があっても完済することをおすすめします。
Facebook
Twitter
Pocket
Hatebu
Google+
LINE
関連ページ

学生カードローンと奨学金はどちらがお得?
おすすめの学生カードローン一覧
学生でお金を借りるときに注意すべきこと!
大学生はこんなにお金が必要って知っていますか?
学生カードローンを利用するメリットとは?
学生ローンと教育ローンの違いとは?

大学生はこんなにお金が必要って知っていますか?

大学生活というのは、思った以上にお金がかかってしまうものです。
食費や生活費だけでなく、交際費や旅行費などなど、最近の学生生活にはお金がいくらあっても足りません。
そこで、今回は大学生を悩ませる色々な出費に迫ってみました。

大学生の一人暮らしは地獄なのです…

大学生の一人暮らしは何かと出費が多く、気がつけば あっという間に財布も底をついてしまいます。
家賃(5万円)、食費(2万5000円)、光熱費(8000円)、通信費(5000円)など、生きていくだけでも、これだけの費用が必要となってしまうのです。
また、これに加えて、友人との交際費なども加わるのですから、バイトだけで生活をしていくのは実質不可能なのです。
中には、仕送りを貰えている方もいるようですが、今の時代、毎月10万円以上の仕送りが出来る家庭はほんの一握りであるので、実際にはほとんどの生徒が奨学金を貰いながら、何とか凌いでいるという状況のようです。
今どきのカップル割り勘事情

一昔まえまでは、どれだけお金に困っていようと、男性は会計をおごるものと決まっていましたが、最近では、だんだんとそういったカップル事情にも変動が見られるようです
というのも、男性の中で、彼女に割り勘を希望する男性が増えているだけでなく、女性の中にもおごられることに抵抗を覚えてしまう方が増えているのです。
女性の社会進出が進む現代において、一方的におごるという行為は失礼にあたる行為になってきているのかもしれません。
しかし、だからといって、記念日などの大切な日には最高のおもてなしを期待している女性も多いので、男性陣も気をつけた方がいいでしょう。
最近の学生は気軽に消費者金融を使っている?

最近の学生の中では、クレジットカード感覚で、消費者金融や銀行カードローンを利用する方が増えてきているようです。
これまで消費者金融といえば、生活に困り果てた人たちが利用するもので、どこか暗いイメージを持たれることが多かったですが、最近では企業がイメージアップを図ったこともあり、消費者金融にポジティブなイメージを抱く学生が増えてきているようです。
学生でも債務整理を利用する人たちが増加中?

債務整理とは返済が難しくなった債務を、弁護士や裁判所の助けを借りて利息をカットしたり、債務自体を削減したりすることですが、最近ではこの債務整理を利用する学生が増えてきているようです。
理由としては、やはり軽はずみに借金をする学生が増えたことにより、返済不可能になるパターンが増えてきていることがあげられます
債務整理を行うと、ブラックリストに登録されてしばらくの間融資を受けることが出来なくなってしまいます。
しかし、だからといって、借金を返さないまま放っておいたのでは更に悲惨なことになってしまうので、借金の返済が不可能だと感じた時には、早めに債務整理を検討されることをおすすめします。
学費に困ったら消費者金融の目的ローン

お金に困った際には消費者金融から融資を受けるのが安全です。
学生専用のカードローンなど、確かに金利は低いところがありますが、地域によって様々な種類があるので、正規の貸金業者かどうか見極めるのは至難のわざです。
また、中小の消費者金融では提携しているATMも少ないので、なかなか自分が望んだときにお金を引き出すということはできないでしょう。
そのため、信頼性の高く、サービスが行き届いている消費者金融を利用した方がベターと言われているのです。
また、学費のために融資を受けたいと考えている方には、目的別ローンがおすすめです。
使用用途が決まっていると、通常よりもかなり安い金利で融資を受けることが出来るので困った際にはぜひご検討ください。

関連ページ

学生カードローンで注意すべきデメリット
おすすめの学生カードローン一覧
学生カードローンと奨学金はどちらがお得?
学生でお金を借りるときに注意すべきこと!
学生カードローンを利用するメリットとは?
学生ローンと教育ローンの違いとは?

自転車操業はダメ!賢くキャッシングを利用するための注意点!

お金の返済は、計画通りに進めば問題ありませんが、予想に反して出費がかさんだり、つい無駄遣いに走ったりすると、期日までの利息払いができず、また別のどこかで借金してつなぎ止める。そんなことが日常茶飯事に繰り返されると、完済はますます遠のきます。
お金を返すための借金を繰り返す。そんな自転車操業で急場をしのいでいる人は、今一度返済計画を立て直す必要があります。ここでは、キャッシング利用でありがちな失敗、自転車操業について解説します。

自転車操業とは

自転車操業という言葉は、よく商売の世界で使われます。とりあえず今日一日の売り上げを出すために、銀行からお金を借りて工場を稼働させる。工場を動かすたびに、お金を借りて運営していますから、借金が消えることはありません。倒産寸前の会社や飲食店が、青色吐息の状態で事業運営することを、俗に自転車操業といいます。
自転車操業は、キャッシングの世界でもよく用いられます。キャッシングでお金を借りたのはいいけど、返す分のお金が足りず、別のところでまた借金…というように、いろんなところに借金先を作ってその場をしのいでいく、危険な綱渡り状態を自転車操業という言葉で表現されます。
社会問題となり法改正へ

自転車操業は、貸金業法が改正される前、つまり2010年以前は、深刻な社会問題としてマスコミでも取り上げられていました。経済苦などで借金をし、期日までに返済できない分を別の消費者金融で借りてつなぎ合わせる。そうして雪だるま式に借金がかさみ、会社の倒産や一家心中など、悲惨で不幸な事件を引き起こす原因ともなりました。
貸金業法の改正により、金利も20%までと明確に上限が設定され、借入額も年収の3分の1までと、無制限の借り入れができなくなりました。今の法律では、そう簡単に自転車操業できる仕組みではありませんが、悪質なヤミ金業者も存在するため、自転車操業しないためには自制も必要です。
自転車操業の怖いところ

免疫とは、医学の世界ではいい意味で使われます。体の中で免疫が生まれると、病原菌が体内に侵入しても耐性ができ、簡単に病気になることはありません。
自転車操業に陥りやすい人は、悪い意味でこの免疫ができてしまっている人です。お金を借りることに抵抗を感じず、返済も借金も軽い気持ちで考えているから、同じ失敗を繰り返してしまいます。
お金を借りれば再度利子が付きますから、結果的に借金の額は増えることとなります。その日の利息を支払うことだけが目的となり、肝心の「完済」という目標にたどり着けなくなってしまうのです。
自転車操業の怖さはそれだけではありません。借金返済のために借金する、つまり、つなぎ融資というものですが、この場合、貸し付けられる利息は通常より高めに設けられます。つなぎ融資をするような人は、基本的に返済リスクを抱えているので、貸し付ける業者側も高利息で対応するしかないのです。
通常より高い利子でお金を借りれば、借金の返済を遠のかせるばかりです。簡単に返せると思っていたキャッシングの返済が、いつの間にか出口の見えない迷路にはまり込んでいた、なんてことにならないためにも、自転車操業は避けたほうがいいのです。
こんなときは要注意

キャッシングでお金を借りるといっても、総量規制という制度がありますので、無茶な借入はできません。自分の年収に応じた借入しかできませんので、つい軽い気持ちでキャッシングを利用する人も多いでしょう。
キャッシングの場合、月々の返済もそれほどかかりません。月々5千円くらいでしたら、よほど無計画な消費をしない限り、返済は可能でしょう。基本的に返済を真面目にやっている人ほど、信用も悪くないので、少額であれば別の消費者金融からまた借りという方法も選べるわけです。
しかし、軽い気持ちで借金を繰り返していけば、月々の返済は可能でも元金の返済は終わらず、完済まで遠い道のりを要してしまいます。最初に完済するという強い意志が必要といえるでしょう。
おまとめローンの利用

自転車操業をして債務が重なった場合、おまとめローンを活用するのがおすすめです。おまとめローンとは、複数のキャッシング会社から借り入れた債務を、特定の一社にまとめて返済を合理的にする方法です。
借入先が2社、3社にとどまらず、それ以上の業者にまたがってしまうと利息の計算も最終的な返金額も、返済期日もバラバラで複雑になり、返済計画もまとまらなくなってしまいます。そうした事態を解消するためにも おまとめローンは便利な借金解決方法です。
おまとめローンだと、返済先も一本化されるうえ、返済日も月に一度、金利も固定されて返済計画も立てやすくなり、完済までのゴールが視界良好となります。返済計画がクリーンになると借金を返す意欲も生まれます。新たな気持ちで返済に取り組めるのではないでしょうか。
まとめ

つい目先の解決に走って自転車操業に手を付けてしまいがちですが、最終的に元金まですべて完済しなければ終わりになりません。気持ちよくキャッシングをご利用したいのであれば、自転車操業など複雑な返済方法に頼らず、最初に立てた返済計画を守り、おまとめローンなどを上手に活用するようにしましょう。

関連ページ

貯蓄をするなら節約を意識しよう!
お金を借りる際には事前に返済プランを!

キャッシングの返済から逃げ続けると…?

借りたお金はきちんと返すのが義務であり、人として当たり前の行為です。銀行から借りた場合でも、消費者金融からキャッシングした場合でも、友達から食事代を立て替えてもらった場合でも、共通して言えることです。しかし、残念なことに、中には踏み倒してしまう人もいるのが事実です。
キャッシングして返済すべき金額を踏み倒した場合、どんなことが起こるのでしょう?また、踏み倒すとなるとその時期はいつなのか?ここでは、キャッシング利用者だけでなく、これから利用しようと考えている方でも知ってほしい、借金を踏み倒したらどうなるかご説明します。

借金踏み倒すとどうなるのか?

キャッシングをして返済の目途が立たず、踏み倒してしまった。つまり、返済の義務を免れる時効が成立してしまった場合、どうなるのでしょうか?これはキャッシングの利用者に限らず、誰でも気になるところではありますよね。
実際に踏み倒しに成功して時効となった場合、二度とキャッシングなど融資のサービスが受けられないと考えてください。一度踏み倒してしまうと、ブラックリストに顧客の情報が掲載されます。その情報は融資の審査に使用される信用情報機関にもリストアップされ、すべての消費者金融に共有されます。
つまり、たとえ返済義務を免れ、一時的に借金から解放されたとしても、次に困ったときに二度とキャッシングなどの融資サービスが受けられないことになってしまいます。どんなにお金に窮しても、ブラックリストに載れば一円でも融資されないことを覚えておく必要があります。
時効まで何年?

個人が消費者金融でキャッシングして、返済完了しない期間が続いたとき、その期間が5年を過ぎれば無効となります。契約そのものが無効となりますので、返済義務も生じません。
ただし、先ほども述べましたように、時効を迎えた債務内容と顧客の個人情報はブラックリストにアップされますので、二度とキャッシング利用ができなくなってしまいます。
時効には中断がある

時効には条件によって中断期間が設けられる場合があります。以下、中断理由とその期間を記します。
・裁判上の請求で中断…10年間の中断
・裁判上の請求で中断…6ヵ月の中断
・差し押さえ、仮差し押さえで中断…10年の中断
・借り主の承認…債務のたびの時効期間
裁判上の請求とは、支払い督促の申立てや、民事調停の申立てなどです。その期間は申立てして、判決が確定するまでの期間、時効中断が適用されることを覚えておきましょう。個人がキャッシング業者に借りて踏み倒すまでの期間は、裁判所の請求手続きが入れば最長10年、ということになりますので、覚えておきましょう。
実際に踏み倒しは可能か?

キャッシングをして返済金を滞納し、時効を迎えるまで5年を要します。その期間、消費者金融から督促を免れて踏み倒しに成功することは可能なのでしょうか?
現実的には、かなり難しいといえるでしょう。踏み倒された場合、キャッシング会社としてもかなりの損失ですので、法的に許す範囲で催促や取り立てを実行するでしょう。また、時効期間は5年ですが、支払督促がなされれば10年間時効が中断されます。つまり、実質的な時効期間は15年を有することになるのです。
15年もの間、消費者金融の督促から逃げ続ける生活は苦痛でしょうし、そんな精神的圧迫を受けるくらいなら素直に返済したほうが無難と考えるのが自然です。キャッシング会社も社会も裁判所も、そう簡単に踏み倒しを許さないと考えていいでしょう。
返済が苦しくなったら

返済が苦しくなり、どうしても自分の力だけで債務を返せなくなったら、踏み倒そうなどと考えず、まずは司法書士や弁護士に相談しましょう。いい方法で問題解決の糸口を見つけてくれます。
苦しくなった債務問題の解決方法は業者と債務者が話し合いで解決する任意整理や、裁判所を仲介して着地点を探る調停、または自己破産手続きなど、法的手続きに従って解決するほうが無難です。何度も申しますように、借金の踏み倒しはそうそう許されるものではありません。冷静に考えて、まずは債務問題のプロに相談して的確なアドバイスを受けるようにしましょう。
まとめ

キャッシングの返済に関しても、時効が存在します。法律上、踏み倒しが許されても、社会的道義的な観点から、そのような行為は認められないと考えましょう。気軽な気持ちではじめたキャッシングが、いつの間にか抜けられなくなって自分の力だけではどうしようもなくなった、ということはよくある話です。
そういう状況が起きたときのために、司法書士や弁護士といったプロがいます。彼らに相談すれば、複雑な借金問題も手際よく解決してくれる方法を提供してくれるはず。返済に窮したら、自分ひとりで悩まず、社会や制度の力にすがることも大事です。

関連ページ
貯蓄をするなら節約を意識しよう!
借り過ぎてしまったお金を返済するときの相談先は?
お金を借りる際には事前に返済プランを!

貯蓄をするなら節約を意識しよう!

貯金をしようと思っているけど、なかなか思うように貯まらない…。これが殆どの方の現状といえます。
お金は天下の回りものと言われているくらいですから、手元に置いておくと川の水のように流れ去ってしまいます。
この流れを遮り、蓄えるのがいわゆる「貯金」ですが、貯金にはちょっとしたテクニックが必要となります。
また、これは不慣れな方には高度なテクニックを要しますし、貯金があってもそれをすぐに使ってしまう方もいるはずです。
貯金=節約?

そういう方にオススメなのは「節約」をすることです
節約と言う言葉を聞くと、我慢比べのような大変辛いものを想像してしまいますが、実はそんなことはありません。
効率よく節約をすれば、ストレスにもなりませんし、気づけばお金が貯まるようになります。
正しい節約とは?

節約とは、ストレスにならない程度のほんの少しの我慢を続けることです。
例えば、1日ビールを3缶飲んでいたとします。
それを一気に0缶にして、ビール自体を我慢するのはさすがにストレスですよね。しかし3缶飲んでいたビールを2缶に減らす事は可能ではありませんか?
それがダメでしたら、ビールから発泡酒やリキュール系のお酒に変更してみてはいかがでしょう。
最初は慣れないかもしれませんが、人間というものは毎日続けることに対して耐性が養われます。
このことを利用して、ほんの少しの我慢を毎日積み重ねると、立派な節約術として成り立ちます。
ただし、節約は積み重ね、継続することが大切です。
三日坊主で終わってしまうと、全く意味がなくなってしまうので、その点だけ注意しましょう。
コツは、金額に関係なくストレスにならない程度の抑制ポイントを見つけることです
ちなみにこの館麦酒で計算すると、1日約200円程度の節約となります。
10日で約2000円。1ケ月で約6000円。年間にすると72000円もの節約となるわけですから決して馬鹿には出来ません。
贅沢を絶たなくとも節約は可能

毎日発泡酒やリキュール類ばかり飲んでいたら、さすがにたまに贅沢をしてみたくなります。
そんな時、以前飲んでいたビールが当然恋しくなることもあるでしょう。
そんな時は、我慢せずどんどん飲むべきです。
上記しましたが、節約にはストレスが天敵です。少しでもストレスを感じたら、心を満たしてあげるのも節約術の1つです
ただしこれが毎日では、元の生活に逆戻りしてしまいます。
例えばビールを飲むのは「土曜日の夜だけ」というように自分の中でルールを設けるとそれも1つの楽しみとなり、節約にノリが出てきます。
「つもり貯金」もかなり有効

このように少しずつ節約して、お金の減りを抑制するのも良いのですが、1番良いのは「~したつもり貯金」を行うことです。
これまでの話の流れでいくと、1日あたり200円程度の節約をしています。せっかく浮いた200円は別に寄せて目に見える形で貯金すると、これが喜びに変化していきます。
最初は、貯金箱のように目に見えてお金が増えていくのがわかるような貯蓄方法をお勧めします。
貯金箱が日に日に重たくなり、金額が増えていくことに対して誰もが喜びを感じるはずです。
これは、植物が育っていく喜びと同じような感覚です。毎日水をやり大切に育てた植物が成長するのは何とも嬉しいものです。
それと同じように、貯蓄も成長します。この貯蓄に喜びを感じることができたとき、いつの間にか節約は貯蓄に変化している筈です。
秘密の口座を幾つか持つ

節約が貯蓄に変化しつつあるとき、秘密の銀行口座をいくつか所有すると良いでしょう
たとえ数千円でも結構です。蓄えがある程度の金額に纏まった段階で秘密の口座に入れて凍結させてしまいましょう。
もちろん、この秘密の口座と言うのは別に家族に隠して所有する講座の事ではありません。
あくまで、自分の中での秘密口座、という感覚を持てば良いのです。
もちろん秘密口座ですから気軽に中身を引き出す事はできません。
この口座にまとまったお金を定期的に入金していけば、立派な貯金の出来上がりとなります。
まとめ

このように少し意識を変えるだけで節約することができます。上記しましたが、節約のコツはストレスにならない程度の我慢。
毎日ほんの少しだけ、100円程度だって良いのです。少しだけ我慢できるポイントを見つけて、その部分を削り取り、移し換える。
我慢する毎日の金額が100円だったとすれば、それは我慢した報酬だと思い別に保管する。
これだけで貯金が完成してしまいます。
最初はなかなか貯まらないかもしれませんが、日常化して継続することにより我慢した報酬はどんどん増えていきます
1日あたりの金額は微々たるものかもしれません。しかし、日にちを重ねるにつれ着実に増えていくお金に対して喜びを感じるようになれば、もうその節約は軌道に乗ったのも同然です。
後は消して無理をせず同じ節約を繰り返していけば、気づけばある程度の蓄えになっているはずです。
今まで貯金をしたくてもできなかった方、ほんの少し意識を変えてみてください。
簡単な節約から貯蓄が生まれるはずですよ。

関連ページ

キャッシングの返済から逃げ続けると…?
お金を借りる際には事前に返済プランを!
自転車操業はダメ!賢くキャッシングを利用するための注意点!