お金を借りる人ってどのくらいいるの?

消費者金融が即日審査や即日融資を行い、少しでも多くの顧客を掴もうと様々なサービスを提供しています。
近年ではネットから申し込めるようにもなって、非常に助かるようになって多くの方が利用するようになってきました。
では、一体どのくらいの方が消費者金融からお金を借りるのでしょうか?
調べてみたところによりますと、1,455万人の方が利用しているようでなんと20歳以上の人口のおよそ7人に1人の割合なのです。
こちらのデータは大手消費者金融だけの数字ですから、中小消費者金融の数字は含まれておりませんので、そちらを足したらもっと数字が伸びるでしょう。
気になる男女比ですが、今のところはおよそ7:3~6:4で男性の利用者の方が多いとの事。
ただ、最近では女性専用でお金を借りる事の出来るサービスも増えてきていますから、女性の利用者も少しずつ増えてきています。
・若い人ほどお金を借りる?
多くの方々が消費者金融からキャッシングしていることがわかりましたし、男女比も今はまだ男性の方が多いことも分かりました。
では、次に気になるのはどれくらいの年齢の方が多く消費者金融からお金を借りるのか、という点ではないでしょうか。
利用者の年齢層を調べてみると、20代が最も多く次が30代と年齢が上がっていけばいくほど減っています。
消費者金融は比較的に65歳までとなっている場合が多いですし、若い方であれば働き盛りですから返済能力があると判断され融資もスムーズにしてもらえるのだそうです。
お金を借りるからには、やはり返済までしっかり済ませるのが当然ですものね。
月収は30万円未満が大多数を占めており、職業は会社員やOLが最も多く続いて自営業やアルバイト、主婦、学生となっているようです。
意外に多くの方々が消費者金融からキャッシングをして、ピンチをしのいだり上手に活用しているみたいです。
・利用目的で多いものは?
融資してもらうからにはやはりそれなりの理由がありますが、どんな理由が多いと思いますか?
消費者金融からお金を借りる際、最も多い理由は生活費に使うというものだそうでその次に多いものが遊びの為、買い物の為だそうです。
生活費の為にお金を借りるという理由が半数以上も占めており、皆さん生活を上手にやりくりしていることが分かります。
収入は人それぞれですから、消費者金融に頼って補う事でピンチをしのいでいるようです。
遊びの為に借りるのは若い方が多く、付き合いの為に使っている方も中にはいるとの事。
大学生や会社員は周囲との付き合いで出費がかさみますから、ぜひ返済できる範囲内での利用をお勧めしたいですね。
買い物の為に利用しているのはやはり女性が多いようですが、あまり高価なモノを購入してしまわぬよう気を付けましょう!
関連ページ
お金を借りたい、でも不安・・・
お金を借りることで今度の休みを充実させる
お金を借りたいけれど・・・
お金を借りるのはお金を返すのと表裏一体
お金を借りて手の届かないあれに手が届くようにする

身内からお金を借りる時の注意は?

お金が足りなくなってどうしても誰かに借りなければならない時、身内から借りる方が多いのではないかと思います。
身内からお金を借りる際、皆さんはどんなふうにして身内に借りていますか、または貸していますか?
親しい間柄だからそのままお金を貸している方や借りている方がまだ多いかと思うのですが、それはやめておいた方が良いでしょう。
やはりお金を貸す側もお金を借りる側も借用書を用意して、きちんとしておく方がトラブルになったとしても証拠が残りますからスムーズに物事を進めることが出来ます。
借用書に記入してもらうとそれは立派な証拠になるため、必ず返済をしなければなりませんので両方とも覚えておきましょう!
名前や金額、住所、日付や印鑑など詳細にしておくとより良いと言われていますので、貸す側の方はしっかり相手に書いてもらいましょう。
・お金を借りるのはいいけれど・・・
借用書を借りる側の方に書いていただいて、これでちゃんと返済をしてもらえる!と安心しきっている方はいませんか?
実はもう一つ借用書について覚えておきたいことがあるのですが、借金には時効というものがあるのです。
何それ!と思う方もいるでしょうけれども、借用書を身内の方に書いてもらっても10年経過してしまうと時効扱いになり、貸したお金を取り戻すことが出来ないと言われています。
これはお金を借りる側の方にもぜひ覚えておいていただきたいことで、しっかり返済をしていくようにしましょう。
これを利用してわざと借金をチャラにしようと考えている方は法律的には認められてしまうかもしれませんが、人間として最低の行為をしたという烙印を押され周囲から疎外されることになるかもしれませんね。
・多額は借りない
いくら身内であっても多額借りようとすることは決してしないようにした方が良いと言えます。
多額のお金を借りると、トラブルのもとになりやすいですしいこじれが起きやすいため多額の場合は金融機関に頼った方が良いです。
10万円以内であれば身内からお金を借りても大体許容範囲なのではないかと思いますので、少額の場合にのみ相談してみて下さい。
現在では1万円からお金を借りる事の出来る場所も増えていますので、最初からそちらに申し込みをしてキャッシングしても良いでしょう。
まずは身内に相談をして難しければ消費者金融を利用するのも良いですし、消費者金融に連絡を入れて相談してから利用するのか決めると言う方法も良いです。
どの金融機関でも丁寧に対応してくれますから、女性でもお気軽に相談することが出来て非常に頼もしい存在となっております。
関連ページ
お金を借りる事は果たしていけない事なのか?
お金を借りたい、でも不安・・・
お金を借りるなら返済方法についてしっかり考えよう
お金を借りたいけれど・・・
クレジットカードでお金を借りる方法
プラモデルを作って飾るためにお金を借りる!

お金を借りることは信頼関係が成り立っているから出来る

金融機関が現在若い方の間でも人気になってきていますが、どうしてお金を借りられるのか不思議に思ったことはありませんか?
お金を借りる事が出来るのは、金融機関と自分の間に信頼関係が成り立っているからなのです。
金融機関へ申し込むときには必ず申し込みで契約書に記入をして、お金を貸しても平気であるのか審査を行ないます。
その審査に通ることが出来れば、返済能力があるから貸しても大丈夫だと信頼してもらえたことになります。
だから私達はお金を借りる事が出来ると言うわけなので、しっかり返済をしなければいけないんです。
そのため、毎月の返済を遅延したままや延滞してしまいますと、あなたの信用を失う事になって限度額の減少や希望借入金額を貸してもらう事が出来なくなったりしてしまいますから、返済までしっかり行いましょう。
・お金を借りる側ではなく貸す側だったら?
もしも、借りる側ではなく貸す側に回った場合の事を考えたことがありますでしょうか?
普段はお金を借りる側かもしれませんが、もし自分が貸金業者で誰かに貸付を行う時、やはり返済してもらえるのか確認したいですよね。
貸したお金を返してもらえないのであればやはり貸すことは避けたいですし、返済するのは当然のことです。
何も言わずに延滞されてしまったり、遅延されてしまいますとその方へ対する信用もなくなってしまいますから、気持ちが分かると思います。
ですから、お金を借りる時は返済日にちゃんと返すようにする癖をつけておかれると良いですね。
毎回きちんと利用していれば、限度額を増額してもらう事も出来ますし、優良客として見てもらう事も出来ます。
ただ、いくらきちんと利用していたとしても頻繁に利用しているとマイナスになりますから、その点のみ注意して下さいね。
・自分に合せてカスタマイズ!
最初に利用限度額を決められるのですが、これは人により変わってくるものなのでどう思うかはバラバラです。
もう少し限度額を増やしてほしい方の場合は、先に返済を考えてからお金を借りるようにして返済をしていけば上げてもらう事が出来ます。
また、限度額が自分にとっては大きくて不必要にお金を借りる事があるかもしれないと思う方は、下げることも可能となっています。
ですから、自分の性格に合わせて限度額の変更をしてカスタマイズしてみてはいかがでしょう?
使い過ぎて返済できなくなってしまったら困るのは自分ですし、後先のことをしっかり考えてから利用するようにしてみて下さい。
お金を借りるなら最後まで責任感を持つことが何よりも大事なことです。
関連ページ
お金を借りる事は果たしていけない事なのか?
お金を借りたい、でも不安・・・
お金を借りるなら返済方法についてしっかり考えよう
お金を借りたいけれど・・・
クレジットカードでお金を借りる方法
プラモデルを作って飾るためにお金を借りる!

ダイビングを楽しむためにお金を借りる!

皆さんにはそれぞれ楽しんでいる趣味があると思うのですが、どんな趣味をお持ちなのでしょう?
買い物するのが好きな方もいれば温泉が好きでよく休みの日を利用して日帰りで楽しんでいる方もいるようですが、近年人気となっているのはダイビングだそうです。
ガイドの方に誘導してもらいながら海へもぐり美しい魚を眺めたり、美しい海の色や景色を見ることができて非常に充実した時間を過ごせることが大きな魅力となっているようです。
ただ、ダイビングってスーツとか参加費とかかかってしまって大変・・・と考えてしまうのも当然です。
しかし、その時には少しだけ金融会社からお金を借りる事を視野に入れて、費用を準備してみると言うのはどうでしょうか?
1万円から借入が出来ますので、とても便利で利用しやすくなっていますからオススメですよ。
楽しい時間を過ごすためにお金をかけると言うのも、時には必要なことなのかもしれません。
・お金を借りるならタイミングを掴んでから
費用を準備するのならば、やはり借りるタイミングを掴むことが大きなポイントになってきます。
ダイビングする日にちは前もって分かりますから、その前日にお金を借りるようにした方が、無駄な利息が付かなくて済みますのでおすすめですね。
余裕を持って早めにお金を借りることは良い事なのですが、あまりにも早く借りてしまいますと利息もその日数分かかってしまいます。
そのため、キャッシングの申し込みはダイビングする前日にしてしまった方が良いかもしれません。
消費者金融の即日審査は最短30分くらいで済ませてくれますのでおすすめですが、最近では銀行でも即日で審査をしてくれるようになっていますから銀行に申し込みをしても良いでしょう。
・楽しい時間にお金をかけるのは悪い事?
楽しい時間を過ごすためにお金をかけることはあまり良いイメージではないかもしれませんが、若い方はわりとアクティブな方が多いです。
普段はきちんと真面目に仕事をしているのですから、時にはお金をかけて楽しい時間を過ごすことも良い事だと思うのです。
働いて休日にはゴロゴロするというのも良いかもしれませんが、もう少しゆっくり羽を伸ばしたり気分転換になるような時間を過ごすことで、再び仕事を頑張ろうという思いが湧いてくるはずです。
そのために時々お金を借りることも決して悪い事ではないと思いますので、時々で構いませんからお金を使って楽しい時間を過ごしてみませんか?
自分の趣味や楽しいイベントに参加するためにお金を借りる方が増えているようですので、少しずつ金融機関に対するイメージが変わってきているのかもしれませんね。
関連ページ
お金を借りたい、でも不安・・・
お金を借りることで今度の休みを充実させる
お金を借りたいけれど・・・
お金を借りるのはお金を返すのと表裏一体
お金を借りて手の届かないあれに手が届くようにする

初めてお金を借りるなら

今まで何度か金融機関を利用したことのある方もいるかもしれませんが、全く利用したことのない方もいるでしょう。
全く利用したことのない方の多くが、やはり金融機関に対して良いイメージを思っていないからだと言われています。
お金を借りる事に対して怖いと言う恐怖心を抱いている方もいますし、自分には必要ないと考えている方まで様々です。
しかし、借入をすると言う事はそんなに悪い事ではありませんし、困ってしまった時には本当に便利で頼もしいものなので、お金を借りることについて色々な情報を収集しておくのも良いと思います。
初めてですと分からないことが多々ありますから、公式サイトをご覧になるのも良いですし、人気ランキングサイトなどを参考にすることも良いでしょう。
ただ、一か所だけではなく複数覗いておかれた方がより多くの情報を得ることが出来ますので、少しでも多く検索して調べてみてはいかがでしょうか?
・お金を借りる時の注意とは?
借りられる場所は幾つかあるのですが、消費者金融から借りる場合は即日融資を利用しすぎないことが大事です。
申し込みを指定時間までに済ませればその日中にお金を借りる事が可能なのですが、その便利さ故に借り過ぎてしまい返済できなくなってしまうと言うケースも多く報告されています。
これは銀行の融資にも同じことがいえるのですが、銀行は総量規制がありませんので返済できる範囲内での自由な借入が可能となっていますので、こちらも借り過ぎてしまう傾向にあります。
便利だと言うメリットとともに借り過ぎてしまうデメリットが生じますから、お金を借りる時は責任感をしっかり持つようにしましょう。
一番良いのは、ご自分の借りた金額を使い終えたらすぐに返済してしまう癖をつけてしまう事です。
・自分に合った場所を選ぶ
一番大事なのは、やはりご自分に合った金融機関を見つけて申し込むことです。
金利が低い場所、即日融資や審査時間が早い場所、返済しやすい場所、無利息期間を設けている場所など色々ありますので、その中からご自分に合った場所を選んでお金を借りるのが良いのです。
あとはその時の状況などで判断しつつ金融機関を選ぶようにした方が良いでしょう。
また、事前にその気になっている金融機関の評判や口コミを検索して、実際利用した方々の意見を調べるのもアリです。
どのような条件で審査に通ることが出来たのか、どうして落ちてしまったのか、スタッフの対応はどうだったのかなどたくさん知ることが出来ますので一度は確認されておくと良いかもしれません。
関連ページ
お金を借りる事は果たしていけない事なのか?
お金を借りたい、でも不安・・・
お金を借りるなら返済方法についてしっかり考えよう
お金を借りたいけれど・・・
クレジットカードでお金を借りる方法
プラモデルを作って飾るためにお金を借りる!