ビットコインを資金洗浄 立件

無題

ビットコインを資金洗浄 容疑で2人追送検 警視庁、初の立件

 不正取得した仮想通貨「ビットコイン」をマネーロンダリング(資金洗浄)する目的で、換金して他人の口座に送金したとして、警視庁サイバー犯罪対策課などは30日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)容疑で会社員の藤井亮太(33)=東京都青梅市友田町=と、無職の海老原弘継(30)=横浜市鶴見区平安町=の両容疑者を追送検した。ビットコインでの資金洗浄行為を立件するのは全国初という。(産経新聞)

■ビットコインって何?と思う方も居ると思います。

ビットコイン(Bitcoin)とは何か?一言で言うと?

ズバリ!

『インターネット上に存在する仮想通貨』である。

仮想通貨というくらいなので、

『通貨』ではなく通貨を想定した存在ということになる。

それって、

電子マネーと一緒じゃないの?と思う人も多いと思います。

※電子マネーとは楽天Edyやnanaco、Webmoneyなどを指す

ビットコインは2009年に日本人の中本哲史(Satoshi Nakamoto)さんによって仕組みが作られたと言われています。

確かにBitcoinを電子マネーと捉えている人もいますが、

ビットコインと電子マネーには決定的に違うポイントがあります。

大きな2つの違いについて触れておきます。

1.電子マネーには発行元/管理先が存在するがビットコインには発行責任者がいない
2.電子マネーは現金の対価として存在するが、ビットコインはネットワーク内でゼロから生み出される。

■ビットコインと【お金】はどう違う?

ビットコインというのは仮想通貨ということはわかりました。

仮想というくらいなので、

通貨と同等ではないことはわかりますが、

通貨を想定していることは理解できます。

では、

ビットコインとお金/貨幣にはどのような違いがあるのでしょうか?

まず、

ビットコインと電子マネーの違いでも述べましたが、
現金/紙幣には発行責任部隊の中央銀行などが存在します。

しかしながら、

ビットコインには発行主体が存在しないのです。

特定の誰かに管理されたものではなく、

複数のIT技術をもったプログラマーが管理し価値/正当性を保証しあっているのです。

もう1つ、

ビットコインとお金の間で違うポイントとしては、、、

現金は中央銀行が印刷する限り無尽蔵に増やすことが出来る。

一方、ビットコインは最大発行量が決められている。(2100万ビットコインがMAX)

ビットコインのお金との違いをまとめると、、、

【特定の管理組織がない】&【最大発行数量に限界が決められている】

というのがビットコインの特徴となります。

■ビットコインを分かりやすく例えてみる

上記の説明からもお分かりかと思いますが、

ビットコインには紙幣やモノのように実態がありません。

複数のボランティアプログラマーによって管理され、

発行主体も存在せず、地球上には一定量しか存在しないのです。

これって、

何かに似ていると思いませんか?

そう!

良く分かりにくいビットコイン(=仮想通貨)ですが、

分かりやすい例えとしてイメージしやすいのが、、、

【金やプラチナといった貴金属】をイメージすることなのです。

金や銀、プラチナといった貴金属は、

金融商品の1つとして高値で取引されていますが、

そもそも誰かが発行(=作り出してる)しているわけではないですよね?

そして、

地球上に埋まっている(=埋蔵している)絶対量は決まっていると言われています。

これって、
仮想通貨であるビットコインと同じではないですか?

『金』に例えると非常に分かりやすく

人間が作為的に作りだしたものではなく、

埋蔵量の絶対量も決まっており、

絶対量が決まっている貴金属に対し

人間が価値を想定していることにより高値で取引されているわけです。

これは貴金属だけでなくビットコインについても全く同じことが言えます。

金や銀はそれに対する人々の信用によって高い値段で取引が成立しています。

コレに関してはビットコインも同じなわけですが、一度信用が崩れてしまった場合、仮想通貨(=ビットコイン)の価値がゼロになる可能性もあるわけです。

ビットコインは発行主体を持たないので、

この価値の急落に対して誰も責任をとれる存在がないのです。

保証人不要、書類審査なし、在籍確認もなし

低金利を餌にやりたい放題の消費者金融、バックに銀行がついているから、今は、ばかばか貸し付けていますが、皆さんお分かりですか!!
オリックス、アイフル、モビット、プロミス、レイクなどなど最高300万、800万を金利1%、3%、4.5%からと表示していますが、それは年収が高く、借入の少ない一部の人だけなのです

なのでまんまんとネットで気軽に申し込むと、14%.17%.18%でたったの50万が限度といたって普通な状態です。

窓口に行かず、ネットだけで済むので、ついつい手軽くスマホ、ポチポチは危険です。

pl-201455088382

本当に保証人不要、書類審査なし、在籍確認もなしなのは、クレジットカードのショッピング枠の現金化ぐらいなものです。

あ、身分証明書やカード確認は最低限必要ですよ。逆に確認ない方が怖いですよ!恐ろしい~
他人のカードを使ったら犯罪です。

stop

業者を選ぶ際に注意したい点は、こちらに振り込まれる金額を初めに申し込む段階で誤魔化さずにしっかりと提示してくれる業者を最低基準にしましょう。
高還元率の業者は還元率に自信をもってますので、そこを隠すわけないのです。

ただし、最近申し込み前には手数料のことは話さず、申し込み後に手数料の説明をしてくる悪徳業者がおります。
その際は、「もう申し込みしちゃったから・・・」と泣き寝入りはせずに、その時点できっぱりと断った方がいいでしょう。

逆にやめたほうがいい業者は、こちらが問い合わせしても曖昧な返答しかせず、
「今の時期ですと商品が・・・・」
「カードによって手数料が・・・」
など色々と理由をつけ、こちらの「できるだけ早く手元に欲しい」という弱みに付け込んで還元率を下げようとしてきます。
こういった業者は1%でも高い還元率を求める側としては避けたい業者になります。

これだけでも利用したい業者はかなり絞られます。
また、カードのブランドによって還元率・換金率が変動する業者もおすすめできません。
特に注意していただきたいのが、JCBカードの還元率・換金率が10%低くなるところも多いこと。
カードブランドによって還元率に変動のない優良な業者とは振込金額にかなりの差が出てきます。
振込額を事前に確認してから、利用することができるクレジットカード現金化業者をお選びください。

弊社おすすめは

Quick現金サービス 還元率が振り込み額と表示されている。

ママ安心サポート ココも還元率が表示されていました。

クイック現金サービスの口コミ:現金が振り込まれた!

本人確認の書類とカード券面の画像を送った後は、商品購入のための決済手続きが終わるのを待つだけです。

大抵の現金化業者は一通りの手続きが終わってから20~30分ほど待たされるものですが、クイック現金サービスは画像を送ってから2~3分程度で、「カード決済の手続きが終わりました。これから振込の手続きに入りますので、口座への入金をご確認ください」との連絡が入りました。

今回の体験レポートで利用したクイック現金サービスは、当サイトのクレジットカード現金化業者安心度チェックでAランクをとっていて、ネットでも悪い評判を見たことのない優良業者ではあるものの、これまで利用したことのない現金化業者を使うときは、本当に約束通りの金額が自分の口座に振り込まれるのかどうか、実際に口座に振り込まれた金額を見てみるまで判らないので不安でいっぱいです。

が…。

クイック現金サービスからかかってきた決済完了の電話のすぐ後に、振込先に指定したネット銀行から「振込入金のお知らせ」のメールが携帯に届きました。

そのメールの内容を確認してから、ネット口座にログインして振り込まれた金額を確認してみると、電話で説明を受けたとおりに259,800円のカード決済で、ホームページに記載された金額+キャンペーン加算額の213,036円が振り込まれていたので一安心。

お金が無事に振り込まれたのを確認して一息ついてからネット口座の取引明細をよく見てみると、振り込み元は「クイック現金サービス」のサービス名ではなく「QUICK」の名前でお金が振り込まれていました。

これについて後で聞いて見たところ「クイック現金サービス」のように現金のキーワードが入っていると、家族が通帳を見た時に問題になる恐れがあるので、利用者にはどこから振り込まれたかわかるものの、他の人にはどういう意味合いの振込なのか判らないような名前でキャッシュバックを振り込んでいるとの事です。

クイック現金サービスは、このような利用者に対する細やかな気配りに加えて、他のサイトでも評判が良い事などからも、利用者から少しでもお金をむしり取ろうとする悪質業者が急増している中、一般消費者が安心して利用できる数少ない現金化業者と言えるでしょう。

現金化業者選びは、ココに気をつけて

  • 即日入金を希望するなら、早めの申込みを
  • 午後の遅い時間になると駆け込みの申し込みが殺到して、当日中の振込が困難になることがあるようです。この場合も、銀行の翌営業日には振り込んでもらえますが、現金化を申し込んだその日に現金が必要な場合は、午前中に申し込んで、午後の早い時間に必要書類の提出を終えた方が確実です。

  • 即日振込のはずが、業者によっては翌日以降になることも
  • 宅配業者の代引き決済を使った現金化業者は、即日送金といっても荷物を受け取ったその日の送金になる場合があります。急いで現金が必要な場合は、いつ振込が実行されるのかきちんと確認しましょう。

随時返済について

買い物途中でお金が足りなくなったとき、カードローンを契約していると便利ですよね。便利なキャッシングでも、規定の通り返済をしっかりすることが大事なのはいうまでもありません。

pixta_64230931_S

カードローンの主な返済方法は、約定返済と随時返済です。この二つの違いは何でしょう?また、どちらの返済方法が便利でしょうか?ここでは、随時返済について詳しくご説明します。

随時返済とは?

カードローンでお金を借りたとき、どんな返済方法だと返しやすいですか?決められた金額を毎月返すほうが返しやすいでしょうか?それとも、返す期日も額もその都度自分で決めるやり方?

ここでご紹介する随時返済は、返すタイミングも返済額も自分で決める返済方法です。自分の金銭状況に応じた返済が可能で、まとめて全額返済したり、元金のみを返済したり、返済パターンを自在に選べるのが特徴です。

約定返済との違い

随時返済に対し、毎月決まった額を返済する方法を約定返済といいます。こちらは返済額や月々の返済日を自分のペースに合わせることができません。お金のやり繰りが厳しくなったとき、期日に約束の額を振り込めない事態も想定されます。滞納のリスクは約定返済のほうが高いといえるかもしれません。

全額返済について

随時返済にも、全額返済と一部返済の2種類があります。全額返済とは、その名の通り元本も利息も一括して返済するやり方です。まとまった額を期日までに準備できる人は、この全額返済で返すほうが支払う利息も少なく、便利といえるでしょう。

一部返済について

一度に借金をすべて返す全額返済と違い、一部返済はまず元金の返済に充てられます。一部返済で返済方法を決めれば、その返済額はすべて元本の返済に充当され、利息はそのまま残る形です。ちなみに、利息の支払いは約定返済によって返す仕組みとなりますので、注意しましょう。

こんなときに役立つ随時返済

随時返済のメリットは、なんといってもリアルタイムの返済能力に応じて返済のやり繰りができることでしょう。約定返済で毎月返済する場合、利息の支払いに追われてなかなか元金が減らないというデメリットがあります。

また、一部返済で返済を行うと、利息ばかり支払わされて元金が減らないという事態も防げます。業者サイドからすれば、できるだけ長く利息を払ってくれたほうが助かります。しかし、元金も減らせる一部返済では、効果的に借金を減らすことが可能となるのです。

こんなとき要注意

残りの借金を全額返済する場合は、契約しているカードローンの会社に事前連絡するようにしましょう。それまで一部返済を利用していた人は、入金しても利息に充当することができないからです。

しかし、一部返済を利用していた人でも、カードローン会社に一言「全額返済に切り替えたい」と申し出れば、利息も元本もすべて支払うことが可能です。お金に余裕ができて一括返済できるとなった場合は、必ず契約先のカードローン会社に連絡し、手続きを取ってもらいましょう。そうすれば、手違いで余計な額を支払う事態も防げます。

まとめ

決められた返済方法をきちんと理解していないと、無駄にお金を支払ったり、勘違いで余計な額を返済したり、トラブルのもとにもなりかねません。カードローンの契約の際は、返済方法についてきちんと確認し、返済能力と計画に見合った方法を選択するようにしましょう。

消費者金融から借りる

お金を借りる方法の一番お手軽で借りやすい方法と言えば「消費者金融からお金を借りる」だと思います。
が、借りやすいからこその注意点もありますので、一緒に確認していきましょう!
shakin_nayami_20150402

消費者金融とクレジットカード、お金を借りるならどっち?

まずは、金利はどっちも高いということ。
これを絶対に忘れてはいけません!
違う点といえばクレジットカードでのキャッシングは利息がほぼ一定ということです。
クレジットカードAの例)99万円まで年18.0%、100万円以降は年15.0%

18.0%なら消費者金融とほぼ一緒ですが、消費者金融なら30万円(会社によっては50万円前後)を超えたあたりから金利が下がります。
クレジットカードのキャッシングであまり高額なお金を借りる方というのは、基本的には想定されていないからこその金利かもしれませんね。18.0%というのは緊急時の「ちょい借り」を想定した金利です。もしある程度まとまった額を借りるのなら消費者金融の方がオススメです。

審査に落ちる人ってどんな人?

判断基準は各消費者金融によって異なるので「こうです!」とは言い切れません。
しかし、「信用情報」に何かしらの記録が残っていると審査に通らない可能性が高くなるようです。

信用情報というのは、「信用情報機関」というところが扱っている、「あなたのお金にまつわる情報」のことです。
「201●年の×月△日にABCクレジットカードの新規申し込みをした」とか、「イロハ消費者金融からの借金の返済を201●年の×月△日から■日まで滞納した」とか、そういった記録が残されています。
最近では携帯電話の分割払いも「ローン」と見做されて、記録されているようです。

「そんなの個人情報じゃないの?なんで勝手に記録されているの?しかもそんな情報を勝手に調べられるの?」
と思われるかもしれませんね。

消費者金融に申し込む際には申込書のどこか、もしくは別の様式にて、「個人情報取り扱い条項に同意します」といったサインを必ずさせられています。
多分、目を凝らしてよく見て探さないと駄目なほど小さく書いてあるかと思います。
ですが、「信用情報機関から個人情報を取得すること」と「取得した個人情報を、信用情報機関に提供すること」の2つには、申し込みをした時点で必ず同意させられている。
これは間違いありません。

ただ、ポイントとしては、国内には信用情報機関が複数存在しているということです。
そして、どの会社がどの信用情報機関に登録しているかも様々です。
概ね消費者金融はA社、クレジットカードや信販系はB社などというように、大まかな業者ごとに分かれていますが、あくまで「だいたいここ」くらいなので、必ずしも当てはまるとは限りません。

「過去にクレジットカードで滞納したことがあるんだけど、消費者金融でお金を借りることが出来るか心配」という方は、その滞納をしたことがあるクレジットカード会社のホームページなどで個人情報の取り扱いについて説明しているページを見てみると良いでしょう。
そこにどこの信用情報機関に問い合わせるのかなどの記載があります。
そして申し込み予定の消費者金融会社のホームページでも同様に探してみてください。

もし同じ会社だったとしても必ず審査に落ちるとは限りませんが、違う情報機関に加盟している会社を選ぶ方が確率は高いと思います。