お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

お金の基礎知識

随時返済について

投稿日:

買い物途中でお金が足りなくなったとき、カードローンを契約していると便利ですよね。便利なキャッシングでも、規定の通り返済をしっかりすることが大事なのはいうまでもありません。

pixta_64230931_S

カードローンの主な返済方法は、約定返済と随時返済です。この二つの違いは何でしょう?また、どちらの返済方法が便利でしょうか?ここでは、随時返済について詳しくご説明します。

随時返済とは?

カードローンでお金を借りたとき、どんな返済方法だと返しやすいですか?決められた金額を毎月返すほうが返しやすいでしょうか?それとも、返す期日も額もその都度自分で決めるやり方?

ここでご紹介する随時返済は、返すタイミングも返済額も自分で決める返済方法です。自分の金銭状況に応じた返済が可能で、まとめて全額返済したり、元金のみを返済したり、返済パターンを自在に選べるのが特徴です。

約定返済との違い

随時返済に対し、毎月決まった額を返済する方法を約定返済といいます。こちらは返済額や月々の返済日を自分のペースに合わせることができません。お金のやり繰りが厳しくなったとき、期日に約束の額を振り込めない事態も想定されます。滞納のリスクは約定返済のほうが高いといえるかもしれません。

全額返済について

随時返済にも、全額返済と一部返済の2種類があります。全額返済とは、その名の通り元本も利息も一括して返済するやり方です。まとまった額を期日までに準備できる人は、この全額返済で返すほうが支払う利息も少なく、便利といえるでしょう。

一部返済について

一度に借金をすべて返す全額返済と違い、一部返済はまず元金の返済に充てられます。一部返済で返済方法を決めれば、その返済額はすべて元本の返済に充当され、利息はそのまま残る形です。ちなみに、利息の支払いは約定返済によって返す仕組みとなりますので、注意しましょう。

こんなときに役立つ随時返済

随時返済のメリットは、なんといってもリアルタイムの返済能力に応じて返済のやり繰りができることでしょう。約定返済で毎月返済する場合、利息の支払いに追われてなかなか元金が減らないというデメリットがあります。

また、一部返済で返済を行うと、利息ばかり支払わされて元金が減らないという事態も防げます。業者サイドからすれば、できるだけ長く利息を払ってくれたほうが助かります。しかし、元金も減らせる一部返済では、効果的に借金を減らすことが可能となるのです。

こんなとき要注意

残りの借金を全額返済する場合は、契約しているカードローンの会社に事前連絡するようにしましょう。それまで一部返済を利用していた人は、入金しても利息に充当することができないからです。

しかし、一部返済を利用していた人でも、カードローン会社に一言「全額返済に切り替えたい」と申し出れば、利息も元本もすべて支払うことが可能です。お金に余裕ができて一括返済できるとなった場合は、必ず契約先のカードローン会社に連絡し、手続きを取ってもらいましょう。そうすれば、手違いで余計な額を支払う事態も防げます。

まとめ

決められた返済方法をきちんと理解していないと、無駄にお金を支払ったり、勘違いで余計な額を返済したり、トラブルのもとにもなりかねません。カードローンの契約の際は、返済方法についてきちんと確認し、返済能力と計画に見合った方法を選択するようにしましょう。

-お金の基礎知識

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.