お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

お金の基礎知識

クレジットカードのキャッシングとは

投稿日:

「近々知人の結婚式があるのに、手元にご祝儀のお金がない…」
「今月、飲み会が重なって次の給料日までもたない…」
「体調を崩して入院をしなくちゃいけなくなったけど立替のお金がない…」

大人になると、お祝い事などで急にお金が必要になることも多く、どうしても「今月ピンチ」というときがありますよね。そんなときに便利なのが、クレジットカードのキャッシングサービスです。

キャッシングとは、クレジットカードを使って、提携先の銀行ATM(現金自動預払機)や、CD(キャッシュディスペンサー・現金自動貸出機)などから1万円単位でお金を借りられるサービスになります。

今回は、クレジットカードのキャッシングについて詳しく解説していきます。

クレジットカードでキャッシングする方法

クレジットカードキャッシングに申し込みすることで、お金が必要なときに、定められた利用枠内の現金を引き出せることをご存知ない方や、キャッシング機能は知っているけれど、実際にカードを使うにはどうしたらいいのかをご存知ない方は多いと思います。一つずつ解説していきます。

キャッシング枠の確認

キャッシング機能を利用するには、まずは手持ちのクレジットカードに、キャッシング機能と利用枠が設定されているかどうかを、会員専用サイトを確認するか、クレジットカード会社に電話で確認してください。

もしキャッシング機能が搭載されている場合は、現金を引き出すことができますが、利用枠がゼロに設定されている状態では、現金を引き出すことができません。利用枠を広げてもらうために、クレジット会社に連絡をしましょう。

自動でキャッシングできるATM・CDの活用
クレジットカードのキャッシング枠がある場合は、前述したATMやCDからお金を借りることができます。
コンビニや銀行に設置されているATMとは、銀行口座への振り込みや預金の手続きができて、クレジットカード利用代金などの引き落としに使う機械のことを言います。

CDとは、ATMが振り込みや預金にも対応している一方で、払い出し(出金)と通帳記帳だけに対応している機械のことを言い、クレジットカードを挿入して、画面の手順に沿って入力するだけで、ATMよりも簡単に操作できるのが特徴です。

ATMやCDでキャッシング機能を使うには、クレジットカード会社と提携している必要がありますので、自分のクレジットカードが提携しているかどうかは、近所にあるATMとCDで確認してください。

提携しているかはATM・CDの付近にある表をご確認ください。

ATM・CDの操作方法
ATM・CDでは、以下の操作方法でキャッシング機能が利用できます。以下にATM・CDの操作方法の一例をご紹介しますが、カード会社によって若干異なります。

・「お引出し」ボタンを選択
・「お借入れ」ボタンを選択
・暗証番号を入力
・「キャッシングサービス」ボタンを選択
・借りたい金額を入力
返済はキャッシング利用金額(元金)と利息を合わせた額を支払います。

返済方法は、指定した口座からの自動引落で返済するのが一般的ですが、提携しているクレジット会社によっては、金融機関の窓口やATMからの振り込みなどの返済方法を選択することができます。

キャッシング枠について

キャッシング枠とは、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使って、借りられるお金の限度額のことです。そして、クレジット会社とカードの種類によって異なります。

利用者の信用が高いと判断されたときだけに発行されるゴールドカード、プラチナカードであれば、100万円以上のお金を借りられるものが多く、一般カードでは100万円までの限度額が平均的です。

一般カードのなかには、稀に300万円までのキャッシング枠があるものもありますが、買い物でポイントが付かない、保険が付かないなど、クレジットカードの機能面で劣っています。

利用限度額に注意
クレジットカードには、利用限度額があります。
利用限度額とは、買い物に利用する際の限度額「ショッピング枠」と、借り入れに使用する「キャッシング枠」を合算したもので、代金が利用限度額の上限に達してしまうと、ショッピングやキャッシングが出来なくなってしまいます。

例えば、利用限度額が50万円のクレジットカードで、ショッピングに30万使ってしまっている場合は、キャッシングできる額は20万までとなってしまいます。
たとえキャッシング枠が50万のクレジットカードに契約したとしても、キャッシング枠とショッピング枠の合算が、利用限度額を超えてしまった場合は、カードが使えなくなりますので注意が必要です。

審査に出す時のキャッシング枠設定
手軽にお金が借りられるイメージのあるキャッシング機能ですが、ご自身の収入が少ない、あるいは無収入の場合は、カード審査で不利になる可能性があるので、キャッシング枠をなるべく少なくして、審査に臨みましょう。

たとえば、個人がお金を貸す場合であっても、無収入の人、年収が低い人、借りたお金を返さないことで有名な人にお金を貸すのは、リスクを感じると思います。クレジット会社もまったく同じで、初めてサービスに登録してきた人の収入が少なかった場合は、貸し倒れリスクに備えて、審査には通さないか、利用限度枠を低く設定するかの措置をとります。

金利について

クレジットカードでショッピングをした場合、一括払いにすると利息がつかず、分割払い(リボ払い)にした場合のみ、定められた金利と利息負担が発生します。
しかし、キャッシングの場合は、利用日から1か月後に全額返済したとしても、キャッシング手数料としての金利が発生し、利息を負担することになります。

例えば、金利15%のクレジットカードで、10万円を1ヵ月借りた場合は、1,233円の利息がつき、1ヶ月後に101,233円を返済する必要があります。金利の計算方法は下記の通りです。

100,000 × 0.15 ÷ 365 × 30 = 約1,233
※借入元金 × 借入金利 ÷ 日割り365日 × 借入日数 = 利息手数料

元金に対して発生する利息手数料は、月単位ではなく、日数で加算されていくため、返済期間が長くなればなるほど利息負担が増えていきます。当初の返済計画通りに返済することは前提として、ボーナスや臨時収入が入った場合は臨時返済を行い、できるだけ早く完済したほうが、利息負担は少なくて済みます。

クレジットカードのキャッシングにかかる金利は15.00%~18.00%が一般的ですが、その理由は金額に応じた金利条件を規制する金利上限法が関係しているからです。金利上限法が、以下のように定めていることから、各社の金利がほぼ一定に保たれています。

10万円未満の貸し出し

10万円以上100万円未満の貸し出し

100万円以上の貸し出し

上限金利

20%

18%

15%

キャッシングとローンの違い

キャッシングとカードローンの違いは、わかりにくいですよね。
キャッシングとカードローンは、お金が必要になったときに、お金を借りられるサービスである点は同じですが、借入金額の返済方式に違いがあります。

キャッシングの返済方法は、一括払いが一般的なのに対し、カードローンは毎月少額ずつ返却していく分割払い(リボルビング払い)が一般的です。

ただし、金融機関との契約によっては、キャッシングでも分割払いが可能で、カードローンでも一括返済が可能になりますので、入会案内にはよく目を通しておきましょう。

1つだけ注意しておきたいのは、一括払いが一般的なキャッシングで分割払いにするとカードローンよりも金利が高くなってしまうことです。

キャッシングの基準金利はおおよそ15%~18%ですが、カードローンは4%~18%と、低めに設定されており、借りられる限度額も最大800万円~1000万円以上と大きいため、多額の融資を受けたい場合は、カードローンをおすすめします。

カードローンの申し込み審査は、クレジットカードよりも厳しくなっていることがネックで、お金を借りようとした場合に、保証人、収入証明書、不動産の担保を必要とする場合があるため、お金が今すぐ必要なときには不向きです。
すぐに少額のお金が必要になった場合は、キャッシングを利用すると良いでしょう。

キャッシングは海外旅行に便利

海外旅行や留学に行くなら、銀行や空港の両替所で、日本円を外国通貨に両替をすると思いますが、実は結構な手数料を支払っていることをご存知でしょうか?

例えば、1ドル約3円の両替手数料がかかる場合は、1,000ドル分の日本円を両替すると、約3,000円も手数料が取られる計算になります。1ポンド8円の両替手数料がかかる場合は、1,000ポンドの両替で、8,000円と高額な手数料を取られることになります。

そこで、クレジットカードのキャッシング機能を利用して、両替手数料が節約する簡単な方法をご紹介します。

実は海外旅行先のATMを利用して、現地の通貨をキャッシングするだけで、両替手数料を節約できます。たとえば10万円分の現金を、年利15%のカードでキャッシングした場合、1ヵ月後の返済で1,233円、10日間後の返済で411円しかかかりません。

前述した両替手数料に比べて、余分に負担するお金を圧倒的に節約できます。

10万円を外貨通貨へ両替した時の手数料比較
銀行・空港での
両替手数料

キャッシングでの
両替手数料
(金利15%計算)

ドル
ポンド

1ヵ月後に返済

10日後に返済

約3,000円

約8,000円

1,233円

411円

クレジットカードを利用して外貨を両替する方法には、カードを持っていれば、両替所に行かなくても、近くのATMでキャッシングが出来るというメリットもあります。海外に行かれる際の両替には、ぜひ現地のATMキャッシングを活用してください。

また、海外では盗難やクレジットカードの磁気情報を盗むスキミング被害が起こる可能性がありますので、クレジットカードを契約する際には、海外旅行保険が付帯した、セキュリティーの高いものを選んでください。

クレジットカードのキャッシング機能を海外ATMで利用して外貨両替

キャッシング機能を利用したい方におすすめのクレジットカード

即日発行可能でキャッシング枠最高500万円
アコム
ACマスターカード

アコムACマスターカード
キャッシング機能・リボ払い機能あり
土日発行OK、即日発行可能
発行可能かWEBで3秒診断
年会費永年無料

今、まさにお金に困っているようなら審査に時間のかかるクレジットカードは避けた方がいいでしょう。
お金に困った状態で、審査通過を待つのはドキドキしますよね。「なるべく早くお金を借りたい!」「出来れば即日!」そんな方におすすめしたいクレジットカードは、キャッシング利用限度額が最高500万円のアコムACマスターカードです。

このカードは、独自の審査基準を取っており、最短即日発行のスピード発行が可能です。

アコムACマスターカード発行の手順
・インターネットから申し込む(24時間対応)
・折り返し電話ないしメールにてお申込内容確認の連絡が来る
・メールないしアプリ経由で本人確認書類を送付する
・審査通過したかどうかの連絡がアコムから来る
・審査に通過していれば、全国1065箇所にあるむじんくんで発行できる(8時〜22時)
カードが発行できるかどうかは、インターネットを使って3秒で診断できます。もしカード発行可能と診断された場合は、会員専用WEBサービスから正式に申し込みをした後、30分程度で最終審査結果が案内されます。

また、申し込みの必要事項に記載した、勤務先への在籍確認も行いますので、電話番号は間違いのないように記載して、電話がくる時間には会社にいるようにしましょう。

アコム独自の審査基準とは、一般的なクレジットカード審査が、クレジットカードヒストリー(信用情報)で評価しているのに対して、働いているのか、安定収入があるのか、そして返済能力があるのかを基準にしているところです。

キャッシング枠最高100万円の銀行系カード
三井住友VISAカード

三井住友VISAカード
キャッシング枠最高100万円
今すぐにキャッシングを利用する理由がなければ、三井住友VISAカードがおすすめ

今すぐにキャッシングを利用する理由がなければ、三井住友VISAカードがおすすめです。

三井住友VISAカードは、海外旅行傷害保険が最大2,000万円まで補償されており、24時間365日カード不正使用を検知するセキュリティーシステムや、カード紛失・盗難が24時間年中無休で対応している保証がついているため、海外で万が一のことがあった場合にも安心です。

三井住友VISAカードは、キャッシング枠が100万円まで、金利は18%と、一般カードの中では平均的ではありますが、持っているだけで「信用がある」と判断されるステータスの高いクレジットカードです。もしクレジットカードで大きな金額を借りる予定がないのであれば、将来ゴールド、プラチナカードを持つことを見据えて、三井住友VISAカードの利用がおすすめです。

-お金の基礎知識
-,

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.