お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

お金を借りる際に役立つ裏ワザ集

複数ある債務はおまとめローンで一本化!

投稿日:

pixta_19845350_S
債務を抱えている人の中には、複数の業者から借り入れる多重債務に苦しんでいる人もたくさんいるといわれます。借金をする事情はいろいろあるものの、返済方法を間違ってしまうとなかなか債務生活から抜けきれない苦しい状況となってしまいます。
そんなとき、おすすめなのが、債務を一本化するおまとめローン。複数ある債務を一本にまとめるだけで、利子や返済額、期日がすっきりして精神的にも楽になります。多重債務をスピーディーに解決したいのであれば、おまとめローンを検討するといいでしょう。
おまとめローンとは
貸金業法の改正以前は、お金を借りる側が不利で、損害を被るケースが続出し、社会問題ともなりました。しかし、そういう風潮を改めようと法改正にともない業界の改善も進み、利用者側が得をする制度やサービスも積極的に活用されています。
おまとめローンも、利用者側にメリットのある、債務問題解消のためのサービスといっていいでしょう。多額の債務を抱えている人にとって、借入先が複数もあることは精神的にも経済的にも圧迫を覚えます。返済に窮しているから多重に債務を抱えるわけで、誰も好き好んでこの状況を招いたわけではないでしょう。
おまとめローンは、債務者だけでなく債権者にとってもそれ相応のメリットがあります。業者側としても、債権をできるだけスムーズに回収したいと思うでしょうし、回収不能となった債権を抱えれば損害が発生します。そのような事態は避けたいのが本音でしょう。
債務を一本化してまとめることで、損害を最小限に抑えて債権を回収する。債務者も可能な限り債務の返済に努力する。おまとめローンは債権者と債務者、両方を救う道といえるかもしれません。
こんなにお得なおまとめローン
おまとめローンのメリットはたくさんあります。まず、一本にまとめると利息が低額になります。利子が下がれば、債務の総額も少なくなります。債務者にとっては、経済的にも精神的にも楽な状態になるのは間違いありません。
また、返済日が月に一回になるのも大きなメリットです。複数から借り入れとなると、月に何回も返済期日を迎えなければなりません。今月はあと何回、と返済回数を数えるだけで憂鬱となってしまいますよね。一本化することで、頭を悩ます回数も減らせるというわけです。
あと、おまとめローンにすると、面倒だった返済管理が楽になり、その後の返済計画も立てやすくなります。返済環境を整備することで、返済意欲もわき、完済というゴールも見えてくるのです。
おまとめローンの注意点
おまとめローンの利点を述べてきましたが、注意してほしい点もいくつかあります。もっとも気を付けてほしいのは、追加の借入が難しくなる、ということです。
おまとめローンを一度申し込むと、新たに他社から借り入れは避けたほうが無難です。金融機関の規定によっては、他社からの追加融資を契約違反とするところもあります。そのような場合、一括返済の義務も発生しますので、おまとめローンを利用する際は契約内容をしっかり確認するようにしましょう。
おまとめローンは審査が厳しい
多重に債務を抱えた場合、おまとめローンが楽で効率がいいのはいうまでもありませんが、誰でも活用できるというわけではありません。おまとめローンにも審査があり、その審査は通常のローンより厳しいといわれています。
過去に滞納の履歴があるなど、返済者にとって不利な情報があったりすると、審査にも影響を及ぼします。お得なおまとめローンとはいえ、誰でも活用できるわけではないことを覚えておいてください。
おまとめローンは総量規制の対象外
おまとめローンは、総量規制の対象外となります。総量規制とは、年収の3分の1以上借り入れてはならないという借入制限規定です。おまとめローンはこの規制の対象外のため、例外として年収の3分の1以上の借り入れが可能となります
総量規制とは、借り手側が不利にならないために設けられた規定です。おまとめローンは債務を抱える借り手側にメリットがあるため、総量規制の対象外にあたるわけです。
ただ、業者によっては、総量規制の範囲内でしかおまとめローンを利用できないところもあります。おまとめローンで残りの債務を一本化する場合は、融資限度額をきちんと確認するようにしましょう。
まとめ
多重に膨れあがった債務は一本化してスリムにしたほうがお得です。貸し付けられた利子も下がり、返済総額も少なくなります。多重債務で頭を抱えている人は、おまとめローンの活用をおすすめします
しかし、先述の通り、審査が厳しいなどいくつかのデメリットも存在します。信用情報に傷が入るような返済をしていると、ますます審査が通りにくくなりますので、今の返済方法でできるだけ誠実な返済を心がけてください。
そして、肝心なことは、最後まで責任もって完済すること。業者側にこれ以上負担をかけないためにも、残りの債務はきちんと返済したいものですよね。
関連ページ
職業によって審査の難易度は違う?
信用金庫と銀行の違い
キャッシングやカードローンで即日融資を受けるための注意点
カードローンの金利を引き下げる方法はあるの?
家族に借金を知られたくない場合には?
消費者金融と銀行カードローン違いとは?

-お金を借りる際に役立つ裏ワザ集

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.