お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

お金を借りる際に役立つ裏ワザ集

収入が低くてもカードローンの審査に通るコツとは?

投稿日:

pixta_16547096_S一生懸命働いていても、働き先の状況により収入が低い、というケースは残念ながら非常に多くあります。
真面目な人は、収入が少なくても仕事に生きがいを感じ、身を粉にして働き先に貢献します。
しかし、そんな一生懸命な方にもお金は平等です。
手取り15万円を下回る低所得者の方が、どうしてもお金が必要となった場合、残念ながら借入先は限定されてしまいます。
しかし、お金を借り入れる際に重要なのは所得の多さではありません。借入先が重視するのはあくまで「返済能力」です。
低所得者の方でも、過去に金融系のトラブルや、申し込みをした時点で複数者からの借り入れがない場合にはお金を借り入れする事は十分可能です。
低所得でも審査に通る?
安定感があれば問題なし!

まず、所得が少なくても毎月安定した給料を貰っている方はまず心配ありません
低所得であっても、収入が安定していれば返済能力がある、と判断されます。
もちろん所得に見合った限度額に制限されてしまいますが、それでも審査に落ちる可能性はかなり低くなります。
職場の給料が低くても安定している方はそれをアピールするのも一つの手です。
書類提出時のコツ
借入先によりますが、審査の際に収入証明書類の提出を求められることがあります。
こういった場合、なるべく残業等で給料が多かった月の明細を提出するようにしましょう。
直近数ヶ月分の給料明細の提出を求められることが多いと思いますが、提出した給料明細に記載されている金額を12倍(1年分)とすればそれも年収として捉えることが出来ます。
もちろん、賞与がある場合にも賞与明細を確実に提出しましょう。
月々の給料が低くても賞与があるだけて貸し手の印象は変わるはずです。
とにかく少しでも所得を大きく見せることがお金を借り入れするためのコツとなります。
しかし、年収や収入を偽装する事は絶対にいけません。
嘘の申請をした場合、ブラックリストに載りもう二度とその借入先からはお金を借りることができなくなる可能性があります。
あくまで手元にあるリアルな資料を用いて工夫することにより、審査を通やすくすることができるのです。
少額の借り入れ希望にする
定収入の方は、申し込みの段階では借入希望額を少額に設定することで審査に可決しやすくなります。
特に借入先が消費者金融などのノンバンク系ですと、総量規制の対象となるため年収の3分の1以上の借り入れを行う事ができなくなります。
つまり年収が150万円の方はどんなに多くても50万円しか出来ないのです。
これは法律で定められていることなので揺るぎないものとなります。
もちろん初回の申し込みの時点で限度額が年収の3分の1ギリギリに設定される事はまずあり得ません。
少ないときは10万円や20万円程度の少額スタートとなります。
このことから、低所得者の方は借入希望額を申し込みの時点で少額にて申請すれば、それだけ審査に可決する可能性が高くなります。
初めから多額の借入を希望してしまうと、総量規制の観点から審査で落とされてしまう可能性も考えられます。
多額を借り入れしたい気持ちもわかりますが、最初は小学の借り入れで我慢し、返済実績を積み重ねて限度額を引き上げる努力をしましょう。
パートやアルバイトの方はどうするべきか。
正直、パートやアルバイトの方で低所得者の方は借り入れに対してかなり不利になります。
特に銀行系カードローンは審査内容が厳しくなるので、申し込む際は借入先の情報を熟読し、申し込みを行うと良いでしょう。
また、アルバイトをしていても就職活動をしている方は就職活動中ということを伝えると良いでしょう。
すると、就職活動のつなぎとしてアルバイトをしているのかもしれない、と貸し手は理解してくれます。
専業主婦の方は?
専業主婦は基本的に収入がゼロとみなされます。このため総量規制の観点からノンバンク系の借り入れは不可能となります。
しかし、銀行系のカードローンの中には専業主婦でも借入可能な金融商品が多く存在します。
もちろん借入限度額は30~50万円と少額に抑えされてしまいますが現状打破する意味では十分な金額と言えるでしょう。
まとめ
上記したように、所得が少ない方でもお金を借りる事は可能です。
収入の安定感をアピールする
審査が甘い消費者金融を利用する
借り入れ希望額を少額にする
パートの方は就職活動についてアピールする
主婦の方は、主婦でも利用できる銀行系カードローンに申し込む
…等々。
これらの注意事項に気をつけ、申込みを行えばいくらか審査に可決する可能性が高くなる筈です。
しかし、1番肝心なのは借入先の受け入れ体制です。
インターネットなどで審査の口コミなどをしっかり調べ、なるべく審査が甘く低所得者でも利用できそうな借入先を選ぶことが重要となります。
また、いきなり申し込みをするのではなく、仮審査等を受け借り入れできるかどうか事前にチェックすることも大切です。
関連ページ
お金を借りる際には信用情報に気をつけよう!
市役所でお金を借りるための方法と条件
レイクとプロミスの無金利期間はどちらがお得?
信用金庫と銀行の違い
職業によって審査の難易度は違う?
質屋からお金を借りることができる?

-お金を借りる際に役立つ裏ワザ集

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.