お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

お金を借りる際に役立つ裏ワザ集

キャッシングの簡易審査とは?

投稿日:

キャッシングにおける簡易審査(自動審査)はいきなり申し込みをして本審査を受けるのではなく、その前に軽いチェックを行い審査に可決できるかを確認するものです。
銀行や消費者金融のホームページにある「~~診断」などと記されているものがこれに該当します。
簡易審査の内容は借入先によって異なりますが、生年月日・年収・現在の借り入れ状況・他社からの借り入れ件数・雇用形態・過去の返済実績などを入力しチェックを行います。
本審査を受ける前にこれらの情報を入力し、本審査で受かるかわからないかをチェックすることにより、無駄な審査落ちを防ぐことが出来ます。
キャッシングの簡易審査とは?
簡易審査のメリット

簡易審査のメリットは、本審査を受ける前にざっくりとした仮審査を受け、本審査に可決できるかの簡易チェックを行えるところです。
現在何社からか借り入れを行っている方、またはその借金の総額。過去の帰り実績等に自信がない方はいきなり本審査を受けるのではなく、こちらの簡易審査(自動審査)を受け、簡単なチェックを行うと良いでしょう。
簡易審査の結果が良ければ、安心して申し込みを行うことができます。
また、仮審査の段階でNGが出た場合は間違いなく本審査でも落とされてしまいます。
審査に受かるか、落ちるかの簡単なチェックを行えるのが仮審査の最大のメリットです。
審査落ちを防ぐ重要性
仮審査を受けることで、たとえ結果がNGだとしても、それは事前にリスクを避けることにつながります。
過去に債務整理を行ったことがある、多重債務の状態で申し込みを行う、などの訳あり状態での申し込みは非常に危険です。
そういった方は、いきなりキャッシングの申込みを行うのではなく必ず簡易審査を受けるべきでしょう
簡易審査を受ける事で、申し込みを行う金融機関から借り入れすることができるか・できない日の大まかな判断ができます。
この判断ができない状態で申し込みすると、無駄な審査を繰り返すことに繋がりかねません。
1度審査に落ちてしまうと、その履歴は信用情報機関によって保存され、以降の審査における負の要素となってしまいます。
それに、短期間に多くの申し込みを行ってしまうと「申し込みブラック」状態となりどこに申し込みをしても断られてしまう最悪の結果となります。
こういったリスクを避けるためにも重要なのが仮審査となります。
簡易審査呼び名
仮審査は、大抵借入先のウェブサイトで行います。
簡単診断や、事前チェック等と言う名前で表記されていることもあります
どちらにせよ、借り入れ前のチェックですので、どの業者もわかりやすく記しています。
アコム→「3秒診断」
アイフル→「3秒診断」
新生銀行カードローンレイク→「お借入診断」
三菱東京UFJ銀行→「お試し診断」
など、借入先によって簡易審査の呼び名は様々ですが、チェック項目はほぼ同じです。
生年月日/年齢/性別/雇用形態/他社の借り入れ件数/借金の総額/年収/独身既婚/
などに着目して簡易審査の回答を出します。
簡易審査を行っても本審査で落ちる場合がある?
簡易審査は、あくまで目安と考えた方が良いかもしれません。簡易審査に合格しても本審査で落とされる可能性は十分あります。
簡易審査は借り入れを行う前のあくまで事前チェックのようなもの。
事前チェックで入力しなかった過去の借り入れ履歴(延滞・債務整理等)が本審査で明らかになった場合、当たり前のように本審査で落とされてしまいます。
なぜこういった現象が起こるかというと、仮審査での審査項目が少ないからです。本審査の審査項目数は簡易審査よりも非常に多く、より多くの判断材料を必要とするからです。
簡易審査の場合、この判断材料が少ないため本審査の結果と異なる診断を出してしまうことがあるのです。
簡易審査の信頼性は100%ではありません。
ただし仮審査で落とされた場合は、ほぼ100%に近い確率で本審査でも落とされることとなります。
確実な審査落ちを免れるためのチェッカーとして利用すると良いかもしれません。
キャッシングの簡易審査で落ちた場合は?
仮審査で落ちてしまった場合は、その借入先はすぐにあきらめることです。またそれだけでなく、仮審査に落ちた借入先と同格の銀行や業者への対応申し込みはあきらめましょう。
例えばアコムの仮審査でNGが出た場合、プロミスの審査を受けて合格すると言う事はまずあり得ません。
こういった場合は、大手ではなく中小企業タイプの貸金業やネットバンク等に申し込みを行うよう心がけましょう。
まとめ
このようにキャッシングにおける簡易審査とは、100%信頼できるようなものではありません。
しかしざっくりとした判断材料と言う意味では利用する価値は十分ありそうです。
また、簡易審査の結果がNGだったとしても信用情報機関にその結果が記録される事はありません
よって信用が傷つく心配がありません。
1度に複数社に申し込んでしまうと借り入れブラックになる危険性がありますが、仮審査を複数回行ってもブラックになる危険性はありません。
複数社の簡易審査を受けたうえで借入先を絞り、申し込みを行うと良いでしょう。
関連ページ
しつこい借金の取り立てには対策はあるの?
お金を借りる際には信用情報に気をつけよう!
ブラックリストでも即日お金を借りることができる!?
市役所でお金を借りるための方法と条件
キャッシングの利用目的で審査の通りやすさは変わる?
サラ金と消費者金融の違い

-お金を借りる際に役立つ裏ワザ集

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.