お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

お金にまつわる話

お金を借りることの代償を理解しておく

投稿日:

人は誰しも何かを与える時には何かの代償を求めるもの。
何かをプレゼントするとき、その時に純粋な気持ちであげていると思っても、そこには何かの下心があるということを否定できないでしょう。
お金を借りるという行為でもその話は分けて考えることができないでしょう。例えば誰か友人、知人からお金を借りる時には、その代償として信頼関係を元手にしています。信頼関係が成り立っていない間柄でお金の貸し借りを行うのはほとんど不可能。
お金の貸し借りが成り立ったとしても、そこには関係を損ねてしまうかもしれないというリスクがついて回ります。ですからもしも実際の友人知人からお金を借りる時にはそのリスクをあらかじめ頭に入れておいてから行わなければなりません。
消費者金融からお金を借りる時の代償
消費者金融とは、今までまったく関係を結んでいなかったとしても問題なくお金を借入れることができます。しかしここには当然それなりの代償が求められます。
それは利息です。
もしも消費者金融などの貸金業者、または銀行からの融資、またはクレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借り入れたとしたら、借り入れたお金を返すのに加え、借入時に発生した利息も支払わなくてはならなくなります。
この利息の金額は、借り入れた先の設定した金利の数字によって変動します。この金利設定は、気軽に借入れることができればできるほど高く設定されており、クレジットカードに付属したキャッシング機能でお金を借りるのは気軽さゆえに金利が高く、消費者金融もその甘い審査基準ゆえに金利設定が高めになっています。
反対に比べて銀行の審査は少し厳しいので消費者金融と比べると金利が低めに設定されています。
この発生する利息こそ借入れた時に求められる代償です。何かを得るためには何かの代償を求められるのです。
借りたお金で自由を感じて
その利息のことに関して。
金利によって発生する利息もあわせて返済しなくてはならないことをしっかり理解しているのなら問題なくお金を借入れることができます。返済しなくてはいけないことをしっかり理解しておきましょう。
それさえわかっているのなら、何かショッピングを楽しむこともできますし、そのお金を持ってカジノに出かけるなんてことも可能です。誰にも責められません。その後に自分がしっかり自分の尻拭いすることさえ理解しておけば、あなたはどんなことだってできるのです。自由を感じてください。
関連ページ
お金を借りたい、でも不安・・・
お金を借りることで今度の休みを充実させる
お金を借りたいけれど・・・
お金を借りるのはお金を返すのと表裏一体
お金を借りて手の届かないあれに手が届くようにする

-お金にまつわる話
-, ,

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.