お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

お金にまつわる話

学生カードローンで注意すべきデメリット

投稿日:

学生カードローンは、金利とサービス面を考えると学生の方には大変おすすめですが、利用していくには、注意しなくてはならないデメリットがいくつか存在します。
すぐにお金を借りることができる便利なサービスなので、ついつい借りすぎてしまうことも多いですが、ちゃんと返済しなければ大変なことになるのでご注意を。

学生カードローンと通常のキャッシングを比較すると?

学生カードローンと通常のキャッシングを比較してみると、いくつかデメリットが見つかります。
そこで、通常のキャッシングと比較した際の違いについてご紹介いたします。
学生カードローンは返済がゆっくり?

学生というのは仕事につぎ込める時間が少ないので、基本的に社会人と比べて収入も少ないのが一般的です。
そのため、学生をターゲットにした学生ローンでは、毎回の返済額が少なくなっています。
しかし、毎月の返済額が少ないというのは喜ばしいことばかりではありません。
元金をなかなか減らすことが出来ないので、返済が長期化し、トータルで支払う利息も高くなってしまうからです。
そのため、余裕のある時には随時返済をするといった心掛けが重要です。
ネット対応をしていないところが多い!

学生カードローンを専門に取り扱っている業者は、アイフルやアコムなどの超大手消費者金融と比べると、インフラ面で劣っている部分が多いです。
ネット申し込みに24時間対応していなかったり、自社のATMを持っていなかったりします。
そのため、利便性という点では通常のキャッシングと比べると劣るでしょう。
日頃から頻繁に融資を受けたいという方には不便といえます。
限度額が低めに設定される傾向に!

学生カードローンでは100万円以上の限度額を用意しているところが殆どなく、一般的に限度額は50万円程度に抑えられる傾向にあります。
大手の消費者金融では大抵500万円程度が融資限度額になっており、モビットでは最大800万円まで融資を行うことが可能です。
しかし、学生のうちは収入も少ないので、総量規制の関係から限度額はかなり制限されてしまいます。
そのため、学生カードローンの限度額で足りないということは、殆どないでしょう。
学生がお金を借りるということへのデメリット

学生のうちからお金を借りるというのもデメリットはたくさんあります。
返済不可能になり、債務整理に追い込まれると、それから数年間はどんな融資でも審査に通ることは出来なくなってしまうからです
そのため、学生がお金を借りる際はくれぐれも最低限にとどめるのが重要です。
多重債務に陥る危険性が高め!

学生のうちから借金をすると、将来的に多重債務者に陥る可能性が高いといわれています
収入の少ない状態でお金を借りると、ちょっとのアクシデントで返済に困るようになります。
そうすると、他社からお金を借りて、とりあえずの返済に充てるといったことにもつながるのです。
しかし、一度多重債務にはまり込んでしまうと、なかなか抜け出すことは難しいので、学生のうちは複数の業者からお金を借りるのは避けた方が賢明でしょう。
信用情報がブラックリストに登録されるデメリットとは?

返済が不可能になってしまうと、残された道は債務整理しかありません。
債務整理を行うと、信用情報に債務整理の履歴が記録されることになり、いわゆるブラックリストに登録された状態となります。
ブラックリストに登録されると、自動車のローンや、住宅ローンなど、あらゆる融資の審査に通ることが出来なくなります。
一応、債務整理の種類によって登録期間は決まっていますが、最低でも5年程度は融資が受けられなくなるので気をつけなくてはなりません。
キャッシング業者からお金を借りる際には、何があっても完済することをおすすめします。
Facebook
Twitter
Pocket
Hatebu
Google+
LINE
関連ページ

学生カードローンと奨学金はどちらがお得?
おすすめの学生カードローン一覧
学生でお金を借りるときに注意すべきこと!
大学生はこんなにお金が必要って知っていますか?
学生カードローンを利用するメリットとは?
学生ローンと教育ローンの違いとは?

-お金にまつわる話
-, ,

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.