お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

お金にまつわる話

カードローンを利用すると信用情報に傷がつく?

投稿日:


信用情報とは、個人のこれまでの融資に関する情報が記されたもので、信用情報機関が保管しています。
消費者金融やクレジットカード会社の審査は信用情報をもとに行っているので、これまで返済の遅延や踏み倒しをして、ブラックリストに登録されていたのでは審査に通ることはできません。
しかし、カードローンに申し込んだからといって、信用情報に不利な情報が記載されるといったことはありません。
ただし、お金を借りすぎると当然融資は受けにくくなるのでご注意を。
カードローンの審査と信用情報の関係
業者からすると、相手の情報を全く知らずにお金を貸すというのは大変なリスクです。
そのため、融資を行う前には信用できるかどうかの審査が必要なのです。
信用情報には、現在抱えている債務額や返済状況が記録されており、あまりにも債務額が多い人や、これまで踏み倒しをしたことがある人などは、お金を貸すには信用出来ないとして審査に落ちてしまうのです。
なぜ、ブラックリストに登録されるの?
債務の返済に遅れたり、返済自体が長期間ストップしたりした場合には、ブラックリストに登録されてしまいます。
ブラックリストというものは正式に用意されているわけではありませんが、返済の遅延や債務整理を行なった場合には、金融事故が起きたとして信用情報に記載されます。
この金融事故が記載されることをブラックリストに登録されたと表現し、基本的にブラックリストに名前のある方は審査に通ることは不可能です。
ブラックリストは債務の遅延や任意整理では5年程度、個人再生や自己破産では10年近くで情報が抹消されますが、その間どこからも融資を受けられないというのは大変な苦労を要するので、お金を借りる際には堅実な返済を心がけましょう。
信用情報の登録を避けることは出来ないの?
カードローンの審査が嫌だと感じる人は、出来れば信用情報に登録されたくないと考えるかもしれません。
しかし、CICなど信用情報機関への情報提供は契約書にもちゃんと記載されており、これに同意しなければ契約を結ぶことはできません。
また、健全な融資を受け続けていれば、信用情報の評価はどんどん上がっていき、これからの融資にとって心強い味方になってくれるのを忘れてはいけません。
信用を上げていくコツとは?
審査に必要な信用情報の質を上げていくためにはコツがあります。
世間一般的には、お金をよく借りる人というのは信用出来ないと思われることも多いですが、信用情報においてはどんどんお金を借りた方が有利に働きます。
借入と返済をこまめに行い、完済してきた実績を積み上げることが出来れば、条件の良い融資の審査にも通ることができるでしょう。
信用情報機関はこの3つ!
・日本信用情報機構(JICC)
消費者金融がメインと信用情報機関となっており、郵送によって一般の方でも簡単に自分の情報を取り寄せることができます。
なかなかカードローンの審査に通らないと悩んでいる方は、一度JICCから資料を取り寄せて確認してみることをおすすめします。
事実と異なった情報が記載されている場合には、申し立てをすることで信用情報を修正させることもできます。
・CIC
こちらは信販会社が中心となった信用情報機関です。クレジットカードの審査などではCICの情報を用いられることが多いです。
・全国銀行個人情報センター
銀行が加盟している信用情報機関。銀行カードローンに申し込んだ際には、全国銀行個人情報センターに信用情報の問い合わせがあります。
しかし、上記二つと比べると情報数に限りがあるので、近年の銀行では消費者金融を審査会社にして、JICCからも信用情報を仕入れて審査が行われているようです。
そのため、他の融資よりも一段階審査の工程が多いといえます
関連ページ
最近のヤミ金の手法はどんどん進化している?
審査なしでお金を借りることはできる?
お金を借りる理由とは?
お金を借りる時は、騙されないで!
お金に困ったら、どうやって借入先を選べばいい?

-お金にまつわる話
-, ,

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.