お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

ローンの意味や種類

キャッシング

投稿日:


カードローンと並んで人気の融資にキャッシングがあります。
キャッシングは借りた翌月での一括返済が基本で、支払う利息を減らすことが出来るというメリットがあります。
キャッシングの仕組みとは?

キャッシングは融資を受けた際には、翌月の一括返済を基本としており、カードローンのように分割して返済はできません。
返済方式が一括のため、リボ払いのように利息が増えていくこともなく、同じ金額をカードローンで借りた際と比べても、トータルで考えると非常にお得です。
一時的にお金を借りたいのであればキャッシング。
長期的に融資を受けたいのであればカードローンがおすすめです。
キャッシングとフリーローンの違いとは?

キャッシングでは限度額内であれば、追加での借り入れを何度でも行うことができます。
フリーローンは一度借入をした後では、完済して新しく契約するまで借り入れすることが出来ません。
フリーローンでは契約した金額のお金をローン形式で返済するもので、キャッシングは限度額内まで自由に借り入れが出来る商品という違いがあります。
最近のキャッシングの変容

キャッシングとカードローンは従来違うものでしたが、最近のキャッシング業界では、両者とも似たような意味合いで利用されることが多くなっています。
「キャッシングローン」という商品のように、キャッシングと名がつくものでも、分割での支払いが可能な商品も増えているのです。
最近はカードローンの人気がどんどん高くなっているので、消費者金融もカードローンへとシフトしているようです。
リボ払いにはご注意を!

消費者金融や銀行が、キャッシングよりもカードローンに力を入れるのは、リボ払いで返済して欲しいからです。
リボ払いとは、毎月決められた最低返済額さえ支払えば、限度額内まで自由に借り入れ出来るという、毎月の返済がかなり楽になるありがたいものですが、トータルで支払う利息がどんどん高くなる傾向にあります。
毎月5000円の返済で大丈夫だと業者から言われているのに、5000円以上の返済を行える人はなかなかいません。
お金に困っている状況では尚更難しいでしょう。
しかし、リボ払いで支払った金額の半分近くは利息の返済のみに使われ、いつまで経っても元金を減らすことは出来ません。
カードローンは気軽にお金を借りることが出来るので、お金に困った際には非常に便利ですが、リボ払いで返済する際には利息をこまめにチェックするようにしましょう。
キャッシングという言葉に騙されないで!

キャッシングを紹介しているサイトなどを見ると、「キャッシング」という言葉の意味が本当に広い意味で利用されていることが分かります。
金融商品として「キャッシング」という言葉を使っていると思えば、カードローンと同義語として「キャッシング」を利用する場合もあります。
お金を借りる行為自体を「キャッシング」と指すこともあるので、キャッシングに関する記事を読む際には、どういった意味で利用されているのか注意する必要があります。
キャッシングという言葉はそもそも存在しない?

キャッシングという言葉はそもそも日本の造語であることはご存知でしょうか。
海外ではお金を借りるという意味の言葉では「ローン」を用いるのが普通で、外国の方にキャッシングと言ってもおそらく意味は通じないでしょう。
お金+ing(現在進行形)でキャッシングというネーミングは、いかにも英語が苦手な日本人が命名したという印象を受けます。
借金のことをキャッシングと呼ぶことで、借金のイメージ自体が軽くなる効果もありますが、お金を借りると利息をつけて返済しなくてはならない、この大原則は忘れないようにしましょう。

関連ページ

自動車ローン
カードローン
おまとめローン
不動産担保ローン
教育ローン
ローンとは?

-ローンの意味や種類
-, ,

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.