お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

クレジットカード

個人信用情報機関とは

投稿日:

個人信用情報機関とは、消費者の個人情報や、クレジットカード・ローンなどの利用履歴である「個人信用情報」を管理している企業です。カード発行審査の際、カード会社は申込者の信用力を判断するため、個人信用情報機関の提供する個人信用情報を必ず参照します。

個人信用情報機関には契約内容、返済履歴、金融事故情報(自己破産やローン支払いの延滞などの情報)が5年間保存されており、返済の延滞や自己破産、債務整理などがあると金融事故者(返済の事故がある)という扱いになり、カード審査が通りにくくなります。

過去に支払いトラブルや債務整理経験がある方は、なぜ自分がカードの審査に通過できないのか困っていると思います。そこで、このページではクレジットカード審査時に参照される個人信用情報機関や、ブラックリストについて説明します。

信用情報について調べるのが面倒、すぐにカードを作りたい、という方は審査なしで作れるVISAデビットカードを作りましょう。

信用調査が行われない審査なしのデビットカード

クレジットカードは利用料金を翌月返済するため、信用力を調査するカード発行審査がありますが、デビットカードは口座とカードを紐付けることで即時決済に対応しているため審査なしで発行可能です。

クレジットカードを作れなくてお困りの方は、デビットカードの作り方のページを参考にしてみてください。

審査なしVISAデビットカードの作り方

デビットカード審査なし
デビットカードは、クレジットカードのようにコンビニやネットショップで支払いに利用できる決済カードです。カードの利用方法はクレジットカードと同じで、お店の人にカードを渡すだけで支払いが完了します。

クレジットカードと異なる点は、カード利用時に口座から利用金額が即時引き落とされることです。即時決済なので支払いを先送りできない代わりに、カードの使いすぎで高額な請求が届くこともありません。ただし、クレジットカードと比較すると年会費がかかる点や、対象の銀行口座が必要などのデメリットもあります。

デビットカードとクレジットカードの比較

比較項目 デビットカード クレジットカード
審査 なし あり
カード発行期間 2週間~1か月 最短即日発行
年会費 1,000円~2,000円 無料のカードあり
カード料金の支払日 カード利用時(即時) 約1ヶ月後
メリット カードの使いすぎが起こらない 支払いを先送りできる
銀行口座 カードを発行する銀行の口座が必要 いくつかの金融機関から指定できる

デビットカードのデメリット

カード発行に2週間~1か月かかる
・翌月返済やリボ払いができない
年会費が1,000円~2,000円かかる
・対象の銀行口座が必要

-クレジットカード
-, ,

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.