「クレカの驚きの活用法」カテゴリーアーカイブ

リスキリングをご存知ですか?

リスキリングとは、「技術革新やビジネスモデルの変化に対応するために、新しい知識やスキルを学ぶこと」です。
年末に向け、支出は増えるのに収入が増えず赤字・・・なんてお悩みはないでしょうか。今こそ、スマホを見ている5分間をリスキリングに充てるときです!とは言え、このブログの記事だけは5分間で読んでいただければと思います。

事務やパートと言った仕事は何年経っても人気ですが、給料が伸びないという点がネックです。一時はAIに取って代わられる職業と言われていましたが、個人的にはそれはないと考えています。あるとすれば、単価の高い職業から。また、休みが少なく、且つ毎日毎時同じ業務をする職業から変わっていくと思っています。
日本特有のおもてなし精神によって大きく支えられている職業は、今後も人の手によって運営されていくことでしょう。そしてそれらの職の賃金が上がる頃には、物価高は今以上になっていると考えられます。

だからこそ、今、リスキリングで自らのスキルをアップデートしなければいけません。
会社が賃金を上げるのを待つのではなく、お金は自分で作っていく。少しつらいけれど、強い気持ちを持ち続けることが必要です。

リスキリングの初期投資が足りない、という方へ。
こんな方法もあります。もし気になるようなら、このブログを遡ってみてください(^▽^)/

岸田文雄総理は、2022年10月、リスキリングのための支援制度を総合政策の中に盛り込む考えを表明しました。岸田総理は、「人への投資」と「企業間の労働移動の円滑化」のために、受け入れ企業への支援や、リスキリングから転職までを一気通貫で支援する制度といった施策を新設・拡充したいと考えています。

岸田総理が掲げる「新しい資本主義」実現には、人への投資、すなわりリスキリングが重要であるとの考えを示しており、個人のリスキリング支援に5年で1兆円を投じるとのことから、国内におけるリスキリングはさらに活発化していくと考えられます。企業も、社員のリスキリングを支援することが求められるでしょう。

アマゾンギフト券を悪用した詐欺事件逮捕者

eye13

昨年から約40人という大規模な詐欺会社が逮捕されました。その手口はよくある出会い系サイトで資産家を名乗り、「数千万円譲ります」という内容から始まりそのためには数万円を今すぐ用意してくださいというもの。ここまでは迷惑メールなどでよくある手口なのですが、この送金方法はビットキャッシュを使った電子マネーのID番号を伝えるという方法でした。

そして今回逮捕された詐欺会社はアダルトサイトの登録料名目による架空請求なのですが、送金方法は電子マネーのアマゾンギフト券のID番号をFAXや画像を送るという手口でした。騙し取ったアマゾンギフト券はオークションなどで転売し現金化していたということです。この詐欺会社は今年の1月から現在までで1億円以上の利益を上げていたということです。

さきほど大型詐欺会社とは詐欺の手口としては異なりますが、詐取の方法として電子マネーを悪用していたという共通点があります。この電子マネーを悪用する詐欺会社が逮捕されたのは氷山の一角ということはいうまでもなく、今後の詐欺による送金方法の主流となるのは時間の問題だと思います。憶測ですがすでに10億近い詐取された電子マネーが市場に出回っていると思われ、今後amzonなどの電子マネー発行会社が何らかの規制はかけなければ歯止めをかけることはできません。

その影響は少なからずアマゾンギフト券買取業界にも及ぼし、市場の供給量が激減することも考えられます。どのような対策を施されるかは定かではありませんが、今回の詐欺事件の逮捕という報道はアマゾンギフト券の未来を変えるきっかけとなったことは間違いありません。

ビットコインを資金洗浄 立件

無題

ビットコインを資金洗浄 容疑で2人追送検 警視庁、初の立件

 不正取得した仮想通貨「ビットコイン」をマネーロンダリング(資金洗浄)する目的で、換金して他人の口座に送金したとして、警視庁サイバー犯罪対策課などは30日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)容疑で会社員の藤井亮太(33)=東京都青梅市友田町=と、無職の海老原弘継(30)=横浜市鶴見区平安町=の両容疑者を追送検した。ビットコインでの資金洗浄行為を立件するのは全国初という。(産経新聞)

■ビットコインって何?と思う方も居ると思います。

ビットコイン(Bitcoin)とは何か?一言で言うと?

ズバリ!

『インターネット上に存在する仮想通貨』である。

仮想通貨というくらいなので、

『通貨』ではなく通貨を想定した存在ということになる。

それって、

電子マネーと一緒じゃないの?と思う人も多いと思います。

※電子マネーとは楽天Edyやnanaco、Webmoneyなどを指す

ビットコインは2009年に日本人の中本哲史(Satoshi Nakamoto)さんによって仕組みが作られたと言われています。

確かにBitcoinを電子マネーと捉えている人もいますが、

ビットコインと電子マネーには決定的に違うポイントがあります。

大きな2つの違いについて触れておきます。

1.電子マネーには発行元/管理先が存在するがビットコインには発行責任者がいない
2.電子マネーは現金の対価として存在するが、ビットコインはネットワーク内でゼロから生み出される。

■ビットコインと【お金】はどう違う?

ビットコインというのは仮想通貨ということはわかりました。

仮想というくらいなので、

通貨と同等ではないことはわかりますが、

通貨を想定していることは理解できます。

では、

ビットコインとお金/貨幣にはどのような違いがあるのでしょうか?

まず、

ビットコインと電子マネーの違いでも述べましたが、
現金/紙幣には発行責任部隊の中央銀行などが存在します。

しかしながら、

ビットコインには発行主体が存在しないのです。

特定の誰かに管理されたものではなく、

複数のIT技術をもったプログラマーが管理し価値/正当性を保証しあっているのです。

もう1つ、

ビットコインとお金の間で違うポイントとしては、、、

現金は中央銀行が印刷する限り無尽蔵に増やすことが出来る。

一方、ビットコインは最大発行量が決められている。(2100万ビットコインがMAX)

ビットコインのお金との違いをまとめると、、、

【特定の管理組織がない】&【最大発行数量に限界が決められている】

というのがビットコインの特徴となります。

■ビットコインを分かりやすく例えてみる

上記の説明からもお分かりかと思いますが、

ビットコインには紙幣やモノのように実態がありません。

複数のボランティアプログラマーによって管理され、

発行主体も存在せず、地球上には一定量しか存在しないのです。

これって、

何かに似ていると思いませんか?

そう!

良く分かりにくいビットコイン(=仮想通貨)ですが、

分かりやすい例えとしてイメージしやすいのが、、、

【金やプラチナといった貴金属】をイメージすることなのです。

金や銀、プラチナといった貴金属は、

金融商品の1つとして高値で取引されていますが、

そもそも誰かが発行(=作り出してる)しているわけではないですよね?

そして、

地球上に埋まっている(=埋蔵している)絶対量は決まっていると言われています。

これって、
仮想通貨であるビットコインと同じではないですか?

『金』に例えると非常に分かりやすく

人間が作為的に作りだしたものではなく、

埋蔵量の絶対量も決まっており、

絶対量が決まっている貴金属に対し

人間が価値を想定していることにより高値で取引されているわけです。

これは貴金属だけでなくビットコインについても全く同じことが言えます。

金や銀はそれに対する人々の信用によって高い値段で取引が成立しています。

コレに関してはビットコインも同じなわけですが、一度信用が崩れてしまった場合、仮想通貨(=ビットコイン)の価値がゼロになる可能性もあるわけです。

ビットコインは発行主体を持たないので、

この価値の急落に対して誰も責任をとれる存在がないのです。

アマゾンギフト券を悪用した詐欺事件!逮捕者!

eye13

昨年4月に約40人という大規模な詐欺会社が逮捕されました。その手口はよくある出会い系サイトで資産家を名乗り、「数千万円譲ります」という内容から始まりそのためには数万円を今すぐ用意してくださいというもの。ここまでは迷惑メールなどでよくある手口なのですが、この送金方法はビットキャッシュを使った電子マネーのID番号を伝えるという方法でした。

そして今回逮捕された詐欺会社はアダルトサイトの登録料名目による架空請求なのですが、送金方法は電子マネーのアマゾンギフト券のID番号をFAXや画像を送るという手口でした。騙し取ったアマゾンギフト券はオークションなどで転売し現金化していたということです。この詐欺会社は今年の1月から現在までで1億円以上の利益を上げていたということです。

さきほど大型詐欺会社とは詐欺の手口としては異なりますが、詐取の方法として電子マネーを悪用していたという共通点があります。この電子マネーを悪用する詐欺会社が逮捕されたのは氷山の一角ということはいうまでもなく、今後の詐欺による送金方法の主流となるのは時間の問題だと思います。憶測ですがすでに10億近い詐取された電子マネーが市場に出回っていると思われ、今後amzonなどの電子マネー発行会社が何らかの規制はかけなければ歯止めをかけることはできません。

その影響は少なからずアマゾンギフト券買取業界にも及ぼし、市場の供給量が激減することも考えられます。どのような対策を施されるかは定かではありませんが、今回の詐欺事件の逮捕という報道はアマゾンギフト券の未来を変えるきっかけとなったことは間違いありません。

クレジットカード現金化業者「キャッシュバックス」経営者の橋本幸治氏を出資法違反で逮捕

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法で事実上のヤミ金融を営んだとして、東京都台東区上野の現金化サイト「キャッシュバックス」を運営する東京都台東区の貴金属販売会社「インフィニティ」の元代表で飲食店経営の橋本幸治容疑者(41)=板橋区仲宿=が逮捕された。

カード現金化業者をヤミ金業者と認定し、摘発するのは全国で初めて。

業者側は商品売買を装うことで融資ではないとしていたが、警視庁は商品はほぼ無価値で実質的貸し付けと判断したとのこと。

橋本容疑者は、客におもちゃのネックレスなど実際には30~120円の商品を高額な値段でカード決済させて、カード会社から入る現金の一部から手数料などを引いた上でキャッシュバックする方法で融資していた。

逮捕容疑は、「昨年3月~今年1月ごろ、千葉県浦安市の男性(49)ら男女計4人に、カード決済システムを悪用して、現金計約345万円を貸し出し、計約70万円の違法利息を受け取った」としている。

橋本容疑者は7月13日、出資法違反などの容疑で逮捕され、今月3日に同法違反などの罪で起訴されていた。

何故、橋本容疑者が逮捕されたのか?

橋本容疑者が運営していた現金化サイトはキャッシュバックス

okane119が行った現金化業者のグループ分け調査では、悪質な街金上がりのグループに属するわけでもない、一匹狼のキャッシュバックスだけが何故摘発されたのか?

キャッシュバックスのサイトを見てみると、1万~30万円の還元率は85%~90%と極めて高い還元率。

しかし、カード決済手数料やデポジット(支払い留保されるお金)、金主に支払う利息、家賃人件費その他の運営経費を考えると、85%の還元は現金化サービス運営者にとってかなり厳しい数字である。

このことから、ホームページ上に記載されている還元率と実際の還元率はかけ離れていて、そのことを不満に思った利用者が警察に泣きついたことから、以前からクレジットカード現金化を規制するように圧力を受けていた警察が渋々動いたのではないかとokane119では考えている。

ホームページに記載されている還元率の表記と、実際に利用者の手元に届くお金の還元率がかけ離れているのは、悪質な現金業者にひっかかれば当たり前のこと。

そんな悪質現金化業者のグループの手口に引っかからないよう、クレジットカード現金化を利用する際は、クレジットカード現金化業者安心感ランキングを参考にして欲しい。

現金化業者逮捕に関連する記事:「ホーミー」「まごころギフト」など複数のクレジットカード現金化サイトを運営する福場秀樹氏を脱税の容疑で逮捕