お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

車でお金

「車でお金」の請求を止める方法

投稿日:

道ばたの看板で「車でお金」「車に乗ったまま融資」などの看板をよく見かけますが、これらの多くは車リースを装った高利の金融業者です。

車リースを装った高利貸しの手口は、例えば30万円の融資を受けた場合。

  1. 融資を申し込んだ人の車を金融業者が買い取り、車の名義を変更した上で、車の代金30万円を債務者に渡します。
  1. 債務者は金融業者から車をリースする形で引き続き車に乗ることができますがリース料として4万5千円を支払います。

これは一見するとリース料として月4万5千円を受け取っているように見えますが、リース料を利息として考えた場合、債権者は年利換算で180%の利息をとられており、この金融業者は明らかに出資法に反していることとなります。

このような金融業者の被害に遭った場合は、弁護士を通じてリース料の請求を中止するように求めることが可能です。

弁護士からリース料の請求を止めるように求められると、これらの業者は「当社は車のリースをしているだけでお金を貸しているのではない」と反論してきますが、

  • 看板で融資すると表記していること。
  • 実態はリースではなく貸し金であること。
  • 利息は出資法に違反しており向こうであること。
  • 以上を踏まえて警察に告訴すること。

等を弁護士が主張すれば、たいていの場合、それ以後のリース料の請求は行われないはずです。

-車でお金
-, , ,

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.