お金の悩みのレスキュー隊 おかね119

おかね119

職業別!お金を借りるFAQ

主婦がお金を借りる場合

投稿日:

dollarphotoclub_83434816_650

お金を借りる人の原則は、自分で収入を得ている人という条件があります。ただし、配偶者の収入で生活をしている専業主婦は、銀行など限られたキャッシングなら利用できる場合があります。教育費など急に決まる現金出費なども多い主婦が利用できるキャッシングを中心にご紹介します。

専業なのでパートなどを一切していないが、キャッシングは利用できる

専業主婦の場合、家事や自分の旦那さんの仕事を手伝うといったケースが多く、公的に給料明細などが発行されないが、役割を果たしているというケースも多くあります。消費者金融などは不向きですが、一部の銀行系キャッシングは、利用できる可能性があります。専業主婦OKというネットバンクなどがオススメです。

消費者金融だと、配偶者の許可があっても利用できないの?

消費者金融は原則として自分自身が収入を得ている人を対象にキャッシングを行っています。配偶者の同意があってキャッシングを行う場合でも、同意書の他に、配偶者の年収を証明できる書類、婚姻関係を証明できる書類など、審査のときに提出する書類は非常に多くなります。そのため、時間や手間のかからないキャッシングではなくなってしまう可能性があります。それでも構わないという場合は、各消費者金融へ問い合わせてみてください。

なぜ銀行系キャッシングだと専業主婦が借りることができるの?

同じキャッシングサービスなのに、消費者金融は借りることができず、一部の銀行系キャッシングが利用できるという違いには、法律の違いが影響しています。消費者金融では貸金業法という法律なので、夫婦の収支合算ができません。専業主婦が利用できるキャッシングでは、この収支合算を利用しているものなので、法律の違いから、利用できる条件に違いが生まれているそうです。

パートをしている主婦も消費者金融は使えないの?

パートなど、自分自身の名義で収入がある場合には利用できます。年収の3分の1までという規制に変わりもありませんから、パートの収入が極端に少ないなどでない限りは、利用が可能です。ただしパート先に電話確認が行く可能性などもありますので、その点をあらかじめ考えておくほうがいいかもしれません。

配偶者には内緒で借りたいが、そんなことはできる?

配偶者にはお金の話をしたくない、キャッシングはこっそりと借りて返したいという人も多いようです。絶対に秘密にできるという保証などはありませんが、配偶者の会社への電話確認がいらないプラン、年収証明書なども必要としない、主婦の本人確認書類だけで審査を行ってくれる銀行もあるようです。ただしこのようなローンの場合、借入額は低めの金額が上限となる傾向が強いと言われます。

お手持ちのクレジットカードのシュッピング枠の現金化なら、審査なしですから上記の高いハードルをクリアするより良いかも知れません。しかし返済はご自身ですから返済できる範囲を書き出してからご利用するべきです。分割、リボ払いも可能です。

-職業別!お金を借りるFAQ

Copyright© おかね119 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.